\ フォローしてね /

洗濯ネットを使った基本の洗濯方法

衣類を洗濯するときに、洗濯ネットを使用したほうがよい場合と、使用しないほうがよい場合があります。上手に使い分けて洗濯をしたいですね。

ここでは、洗濯ネットを使った基本的な洗濯の仕方をご紹介します。

用意するもの

  • 洗濯ネット
  • 洗濯する衣類
  • 洗濯石鹸

洗濯ネットを使った洗濯方法

STEP1:衣類のチェック

洗濯ネットに入れたほうがよい衣類は以下のようなものです。

  • 型崩れさせたくないもの
  • 毛玉がついたら困るもの
  • 長細い形で、ほかの洗濯物に巻きつくと困るもの(ホックがついているなど)
  • 面ファスナー、マジックテープを使った衣類
  • 起毛素材
  • 洗濯表示に「ネット使用」と書かれているもの
下着類は基本的に入れたほうが良いでしょう。毛羽立ちが気になる場合は、ネットの網目が細かいものを選びます。

逆に、洗濯ネットに入れないほうが良いものもあります。

  • 汚れがひどいもの
  • 丈夫な衣類

STEP2:衣類を洗濯ネットに入れる

汚れている面を外側にして、洗濯ネットに衣類を入れます。1つのネットに1つの衣類とは決まっていませんが、ネットの8割程度の量までに抑えるようにしましょう。

毛玉が気になる場合は、汚れの向きと関係なく裏返しにして入れましょう。

STEP3:洗濯機に入れて洗う

石鹸で洗濯をする場合は先に泡立てておきます。あとは、普段と同じように洗濯をしましょう。

デリケートな衣類ならば水温を40度以下に、弱水流で洗うようにしましょう。

注意点

  • マジックテープなどはきちんと止めてからネットに入れます。
  • ワイヤー入りのブラジャーなどはブラジャー専用のネットを使用します。
  • 特に傷みが気になる場合は、タオルで包んでからネットに入れると効果的です。

おわりに

普段何気なく使っている洗濯ネットでも、それぞれに効果があります。衣類の1つ1つをよく確認して、適した洗濯の仕方をしましょう。そうすることで衣類が長持ちします。この記事が少しでもお役にたてば幸いです。

(Photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。