\ フォローしてね /

余ってしまったアスパラガスを簡単に冷凍保存する方法

アスパラガスが余ってしまった時に役立つ、簡単な冷凍方法をご紹介します。

用意するもの

  • アスパラガス 1束
  • 塩 小さじ1杯
  • 水 カップ1杯程度
  • フライパン
  • ざる
  • フリーザーバッグ

保存方法

STEP1:洗う

アスパラガスを流水で洗います。

STEP2:下ごしらえ

アスパラガスの根元の固い「はかま」の部分の皮をむきます。こうすることで無駄なく柔らかくアスパラガスを食べることができます。

気になる方は、折ってしまっても良いでしょう。

STEP3:お湯の準備

フライパンに水を深さ1センチくらい入れて、塩を小さじ1杯加えます。

STEP4:沸騰させる

コンロの火を点け、アスパラガスを茹でる為に水を沸騰させます。

STEP5:茹でる

沸騰したら、下準備したアスパラガスを入れ、20秒ほど茹でます。固めに茹であげるのがコツです。

STEP7:ざるに上げて冷ます

固めに茹であがったアスパラガスをざるに上げます。ばらばらに、できるだけ重ならないようにしましょう。そのまま、完全に冷まします。

茹であがったアスパラガスには、水っぽくなるのを防ぐため水をかけないでください。ざるに上げたら、そのまま放置して冷ましましょう。

STEP5:フリーザーバッグに入れる

完全に冷えたアスパラガスをフリーザーバッグに入れます。

STEP6:空気を抜いてチャックを閉じる

空気を抜きながら、フリーザーバッグのチャックを閉めます。

STEP7:冷凍する

フリーザーバッグを冷凍庫で冷凍します。できれば、金属製のトレーなどの上で冷凍しましょう。

金属トレーには急速に温度を下げる効果があるので、美味しく冷凍できます。

上手に作るためのポイント

  • アスパラを茹で過ぎない
  • フリーザーバッグにアスパラを入れる時できるだけ空気を抜く
  • 金属製のトレーなどの上にアスパラを置いて冷凍する

さいごに

我が家の場合、カレーライスなどの上に一本丸ごとアスパラガスをトッピングすることが多いので、このように冷凍保存しました。お好みや用途に応じて、切ってから冷凍することも可能です。

アスパラガスを切るのは茹であがってからにすると良いでしょう。

(photo by 足成)
(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。