\ フォローしてね /

とんかつで試す!揚げ焼きのやり方

とんかつを少ない油で調理する「揚げ焼き」で作ってみました。上手に「揚げ焼き」するやりかたをポイント別にご紹介します。

揚げ焼きとは

従来「揚げる」と言うとたっぷりの油に浸かった素材を揚げる、といった調理法を想像するかと思います。

しかし「揚げ焼き」とは、少ない油で揚げと焼くが一緒になったような、油に素材が半分浸かるようにして揚げられる調理技法です。少ない油で揚げるので油の使いまわしもなく、油こし器や天ぷら鍋も必要ありません。

揚げ焼きの作り方

STEP1:火の通りを良くする

豚肉にフォークで火の通りが良くなるように刺しておきます。厚みのある肉は表面を手で押さえて薄くしておきます。

STEP2:衣の付け方

豚に塩コショウ・卵・パン粉の順で衣をつけますが、ここで揚げ焼きに適したパン粉はキメの細かいパン粉を選びしっかりつけておくことです。

パン粉はきめの細かいタイプを選びます。

STEP3:油の量

油の量は底から5mm程度で良いです。少ないと思われるかも知れませんが肉を入れるとしっかり浸かるので十分の量です。

STEP4:揚げ焼きする

サラダ油が温まったら(目安はパン粉を1粒いれ上がってきた時です)中火で片面ずつ3分揚げ焼きします。豚の厚みの半分しか油につかってなくても大丈夫です。

STEP5:仕上げ

きれいな焼き色がついたら裏返し、さらに中火で3分焼いて仕上げます。片面ずつ油に浸かる状態でもしっかり焼けています。

完成

皿に盛って完成です。

上手に作るためのポイント

パン粉は目の細かいタイプを使用することです。中火でカラッと片面ずつしっくり揚げ焼きすることです。

さいごに

油は使い回すと酸化すると聞いたことがあります。その点、少ない量の油を使い捨てる揚げ焼きは健康的で美味しくいただける調理法だと思います。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。