\ フォローしてね /

中古マンション入居前の挨拶を円滑にこなすコツ

中古マンションを購入した後で気になり始めるのが、マンション内でのご近所つきあい。特に初めてマンションに住む方は「引越し時のご挨拶はどうすればいいの?」といった、ご近所つきあいに関わる疑問をお持ちでしょう。

ここでは、中古マンション入居前の挨拶を円滑にこなすコツについてご紹介します。

本記事は、リフォーム・オウチーノのご協力により、2013年に執筆されたものです。

中古マンションの住人はどんな人?

多くの人々が同じ建物内に住むマンション。それゆえ「マンションの人間関係って、なんか大変そうだな…」とマンション購入に二の足を踏んでしまっている方もいるでしょう。

しかし、基本的なルールを守ればご近所関係を必要以上に気にすることはありません。

中古マンション住民は多種多彩

まず押さえておきたいのが「中古マンションの住民構成は多種多彩」ということ。新築当初から住む人、中古で買った人、賃貸で住む人など構成は幅広く、ライフスタイル・生活時間も異なる住民が集まっているのが一般的です。

例えば、朝の早い方には深夜の生活音が苦痛に感じられるように、生活時間・ライフスタイルが違えば「生活音」に対しての感じ方も異なってくることに注意しておきましょう。

入居前の挨拶のポイント

タイミングは「入居前」

良好なご近所付き合いの第一歩は「入居時の挨拶」です。挨拶のタイミングは「入居前」がベストでしょう。特に購入と同時にリフォーム工事に入る際には、工事前の挨拶は必須と言えます。

挨拶先は両隣と真上・真下

挨拶先として挙げられるのは、生活音が響きやすい両隣と真上・真下のお部屋です。さらに管理人や管理組合の理事にも挨拶して良好な関係を築いておけば、いざという時に頼りになってくれるはずです。

お子さんがいる場合や、購入時にリフォーム工事を行う場合には「ちょっと騒がしいかもしれません」という旨を伝えておくといいでしょう。

おわりに

何事も最初が肝心です。後々トラブルに発展しないためにも、第一印象には気をつけましょう。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。