1. 暮らし
    2. リノベーション業者を選ぶポイント

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    リノベーション業者を選ぶポイント

    設備の更新や補修、間取りの変更などの部分リフォームとは異なり、住まい全体を大幅に変更するリノベーションや全面リフォーム。大がかりな工事が必要となるため、業者選びも慎重に検討したいところです。

    ここでは、リノベーション業者を選ぶときのポイントをまとめてみたので、どこにしようか迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

    本記事は、リフォーム・オウチーノのご協力により、2013年に執筆されたものです。

    業者選びの前にすべきこと

    理想の住まいのプランを描く

    部分リフォームに比べて自由度の高い全面リフォームは、現在の住まいの姿が大きく変わる工事になります。そのため、住まう家族のライフスタイルや家族構成、住まい手の趣味などについて、工事を依頼する前に、業者にしっかりと伝えておくことが重要になります。

    現在の住まいの不満を挙げる

    同時に、現在の住まいの不満点や問題点などをリストアップし、なぜリフォームをしたいのか、どの部分を、どのようにリフォームするのかについて家族で充分話し合っておきましょう。

    業者選びのポイント

    目的に合った業者を選ぶ

    全面リフォームを検討する場合、リフォーム会社としては、設計事務所や地域の工務店、リフォーム専門会社などが適していると言えますが、リフォームの目的や内容、建物の種類によって選ぶ必要があります。

    独自の工夫を凝らしたいなら「設計事務所」

    デザイン性や機能性のほか、独自の工夫を凝らしたい、といったこだわりを重視したい場合は設計事務所に依頼するとよいでしょう。ただし、工事費用とは別に設計料が発生します。

    価格競争力のあるリフォーム専門会社

    また住宅設備の値引き幅が大きいリフォーム専門会社にもデザイン性の高い全面リフォームを得意とする会社があります。しかし、こうした会社の中には、実際の設計や工事を外部の業者に丸ごと発注するようなケースも見受けられます。こうした点はしっかりチェックしておきましょう。

    木造一戸建てなら「工務店」

    木造の一戸建てに限らず、マンションの場合も地域で評判のよい工務店を選ぶのも手です。事前に過去の実績を確認したうえで選ぶようにしましょう。地域密着型の工務店ならではのアフターサービスの良さも工務店の魅力の1つです。

    相談にのってくれる業者を選ぶ

    現在の住まいに大幅に手を加える全面リフォームのプランニングは、じっくり、慎重に立てる必要があります。リフォーム会社を選ぶ際も、急かしたり、予算を引き出そうとする業者ではなく、腰を据えて相談に乗ってくれる会社を選ぶように心がけましょう。

    おわりに

    業者選びで後悔しないためにも、自分のプランを明確にした上で、しっかりと合っているかどうかを見定めましょう。

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人