\ フォローしてね /

ちょっとの工夫でオシャレに!バイク女子のための暑さ対策

バイクの良さといえば、混んでる電車に知らない人と密着しながら、立ったまま揺られなくても、気ままに目的地までドアトゥドアで行けるという、快適さです。でも夏は、冷房の効いた公共機関も捨てがたい…。

今回は、そんな夏でも安全で快適に乗りこなすための暑さ対策のポイントについてご紹介します。

暑さ対策のアイテムと使用方法

万が一の事故に備え、どれだけ暑くても肌を出す恰好はやめましょう。ちょっとの転倒でも、予想を遥かに越えたダメージを受けてしまいます。

そこで、おすすめの商品をいくつかご紹介します。

アームウォーマー

UVカットの製品が夏場は多く出回ります。長めのアームウォーマーを肩まで伸ばして使えば、肌を出さずに半袖を着ることができます。

着用による暑さはなく、むしろ日よけができ風の通り道もできるので、走行中は特に快適です。

ネッククーラー

熱中症対策以外に、単純に暑い日には気持ちが良いです。いろいろな色や柄があるので、可愛く着こなせます。

高機能インナー

着るだけで体感温度が下がる衣類があります。キャミ以外にも、靴下なども蒸れず通気性が良いのでおススメです。

エンジンの熱気やマフラーでのやけど防止のためにも、靴や靴下はちゃんとしたものを履きましょう。

タオル

ほとんどのバイクが合皮や革のシートだと思いますが、どれだけボトムスを綿や麻素材にしても、炎天下では蒸れて恥ずかしい感じの汗染みができたりもします。厚手のデニムだと目立たないのですが、真夏の着用はちょっと暑いですよね。

そこで、シートの上に小さめのタオルを敷きそのうえに座ります。蒸れが激減します。

立ち上がって落としたりしないように、十分気をつけましょう。

実際の効果

長袖を着るより空気が通り抜けやすいので、半袖とアームウォーマーの組み合わせはかなり効果があります。半袖でも、袖が広めのものの方がより快適です。

アームウォーマーは、目的地に着いたらはずしてしまえば、いつもの街歩きの恰好になり荷物にもなりません。ネッククーラーは、コーディネイトによってはそのまま着用も可能なので、そのままにしちゃいます。

アドバイス

走行中と停止中の体感温度の差が激しいので、臭いを防ぐためにも、休憩時に汗はこまめに拭きましょう。

都心は、午後の方が日差しと共にアスファルトの照り返しがキツいので、出かける時間帯を調節できるのであれば、なるべく午前中の日が昇り切る前や、日も陰り蓄熱が冷めた頃に移動すると良いでしょう。

その他、夏のバイクの暑さ対策

直射日光を避ける

ハッキリ言って焼けます。でも、しみそばかすだけが問題ではなく、日焼けによって体力を消耗し、暑い日は特に、すぐにバテます。

服装以外にも、高架下や日陰を走行するなどの工夫をし、直射日光はなるべく避けましょう。

渋滞を避ける

アスファルトの熱気と、車両から発する熱気をバイクはもろに受けます。多少遠回りでも、渋滞で動けなくなるような道は避けた方が懸命です。

長いトンネルでの渋滞は、熱気だけでなく排気ガスも充満しているので致命的です。

水分補給をしっかりする

熱中症対策として、こまめな休憩と水分補給をするようにしましょう。自分では平気だと思っていても、無意識に身体から体力と水分は奪われています。

おわりに

暑い夏でも、ちょっとの工夫でオシャレで快適にバイクを乗りこなせますよ。

(photo by 足成)
(photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。