\ フォローしてね /

日本史Bの「自由民権運動」と「憲法制定」で押さえておきたいポイント

このライフレシピのもくじたたむ

明治時代の自由民権運動と憲法制定は、テストで頻出の単元です。よく出題されるポイントをしぼって重要事項を解説していきます。

自由民権運動

まず、自由民権運動とは何かをきちんと理解しましょう。語句だけ覚えるのではなく、中身を理解することが重要です。

目的はずばり「国民の意見を政治に反映させること」です。その手段として「憲法の制定」と「議会の開設」を要求したのが自由民権運動です。

明治時代に入り、武士の身分を失った人々は政府への不満を武力で訴えました。しかし、西南戦争で政府の軍隊にこてんぱんにされた元・武士たちは
武力での反抗は無理と悟ります。

そこで、自分たちの意見を政治に反映させるため、自由民権運動を始めたというわけです。

民撰議院設立建白書

1874年に板垣退助らが議会の開設を求めて政府に提出した意見書のことです。

国会開設の勅諭

政府は初め、自由民権運動を弾圧しました。しかし、1881年に国会開設の勅諭を下し、10年後の国会開設を約束しました。

政党の結成

国会開設に向け、政党が結成されました。

  • 1881年:自由党…板垣退助
  • 1882年:立憲改進党…大隈重信
政党と中心人物の組み合わせは頻出です。漢字で正確に書けるようにしましょう。

憲法の制定

政府は国会開設に備え1882年に伊藤博文を憲法調査のためにヨーロッパへ派遣します。そこで伊藤は君主権の強いドイツの憲法が日本に合っていると考えました。

どこの国の憲法を参考にしたか問う問題は頻出です。

内閣発足

1885年に内閣総理大臣と国務大臣で構成される内閣制度が発足しました。初代内閣総理大臣には伊藤博文が就任しています。

憲法の発布

1889年2月11日に大日本帝国憲法が発布されました。

大日本帝国憲法の特色

以下の4つを必ず押さえましょう。

  • 欽定憲法…天皇が定め、国民にさずけあたえる憲法
  • 天皇主権…主権は天皇にある
  • 二院制…帝国議会は貴族院と衆議院からなる
  • 国民の自由の制限…法律で制限された
現在の日本国憲法との比較、条文の穴埋めもよく出題されるので要確認です。

おわりに

いかがだったでしょうか?

難しく感じられる単元かもしれませんが、内容を正確に理解しさえすれば、出題のレパートリーは少ないので、得点できると思います。流れとポイントを効率よく押さえて、得意な単元にしましょう。

(photo by amanaimages)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。