\ フォローしてね /

バイク女子もお洒落に!冬の寒さ対策のポイント

最近は、女子ライダーも随分と増えてきましたよね。あくまでもオシャレにバイクを乗りこなしましょう。着膨れしてダルマのようになってしまっては、お出かけの楽しさも半減です。

今回は、冬場でも快適に乗りこなすための寒さ対策のポイントについてご紹介します。

素材

まず、高機能インナーは必須アイテムとして、デフォルトで着用しましょう。その上で、寒さ対策のポイントを押さえておきましょう。

ダウン素材

よく見た目はダウンジャケットのようで実は中綿というものがありますが、ダウン素材にしましょう。折り畳むと小さくなるタイプは、ダウンの二枚重ねに重宝します。バイクに乗らない間は畳んでしまえ便利です。

ウール素材

保温効果の高いウールは、ニット(編んだもの)であれば、なお良しです。

フリース素材

軽くて肌触りも良く、安価でおススメです。薄手でも効果抜群です。

化学繊維

風を通しにくいので侮れません。薄手でも良いので一枚用意しましょう。前身頃(まえみごろ)をジッパーで開閉するタイプはすきま風が寒いので、頭からかぶるタイプにしましょう。

小物使い

暖めると効果的な身体の部位として、首、足首、手首、腰などがあります。

マフラー

フリース素材、フェルト地など目の細かく風を通しにくいものにしましょう。

カイロ

腰に一枚貼るカイロがあると、全然寒さが違うのでおススメです。服の中に貼るのでオシャレに影響しません。

高機能インナー

トップスだけでなく、毛糸のパンツのようなものも逸品です。おしりと腰回りが暖かく、外からも見えないのでおススメできます。意外とごわごわせずに重ね履きでき、高機能インナーのレギンスの上に履くとより効果的です。

レッグウォーマー

ブーツを履くなら、普段は足首に忍ばせておき、バイク走行中は膝サポーターのように膝に当てると風をしのいで暖かく感じます。

マスク

フルフェイスヘルメット以外の場合、マスクがあると顔の暖かさが全然違います。使い捨てを常備しましょう。

バイク用品

グローブの下にはめる薄手の冬用グローブ、靴下の下に履く薄手の冬用靴下もバイク用品を売っているお店で手に入ります。見えないところはこういうものを上手に使って補いましょう。

着る順番

着る順番を間違えると、せっかくの暖かさが半減です。中から、高機能インナー、ウール素材、フリース素材、ダウン素材、化学繊維の順で重ねましょう。

効果

上半身は、保温に優れたもの、その上に風を通さない素材、という順番を何度も重ねれば、薄手のものでも効果的な重ね着となり暖かいです。

下半身は高機能インナーを何アイテムも着て、レッグウォーマーを膝からももにかけて覆い、腰の貼るカイロと合わせるともう無敵です。

アドバイス

バイクに乗るからといって、専門店で買う必要はありません。今流行の山ガールのように、アウトドア用品にオシャレで可愛いアイテムがたくさんありおススメです。

長いマフラーは、結び目がほどけて後輪巻き込みによる首締め事故に十分気をつけましょう。マフラーの上に、化繊素材のアウターを着ると防止に効果的です。

乗車時のみ着用するものと、そのまま出先でも着られるアイテムを仕分けして、機能面や価格重視か、オシャレさ重視かで差をつけましょう。

おわりに

冷たい空気の入り込む隙間を完全シャットアウトして、自分から発する暖気を逃さずに冬でも快適なバイクライフを満喫しましょう。

(photo by 足成)
(photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。