\ フォローしてね /

雑巾がけの代わりに!フローリングワイパーを使った掃除方法

筆者の使っている掃除アイテムの1つがフローリングワイパーです。筆者はウェットタイプのシートを使用し、床の雑巾がけの代わりとして使っています。

ここでは雑巾がけの代わりとして使用する、ウェットタイプのシートを使ったフローリングワイパーでの掃除方法を紹介します。

フローリングワイパー以外に用意する道具

  • 掃除機、またはほうき・ちりとり

フローリングワイパーの基本的な使い方

STEP1:ほうきや掃除機で目に見えるゴミは取り除いておく

フローリングワイパーで掃除する前に、ほうきや掃除機で目に見えるゴミを取り除いておきます。

STEP2:シートをセットする

フローリングワイパーの4箇所の切れ込み部分に、シートをはめ込みます。

STEP3:木目に沿って汚れを拭きとる

フローリングの木目に沿って汚れを拭きとります。

特に汚れている部分は、力を入れて拭きましょう。

フローリングワイパー自体のお手入れ方法

汚れをキャッチした面の裏側で、フローリングワイパーを拭いておくと、フローリングワイパーも清潔に保てます。

フローリングワイパーを使うときに注意すべきこと

床の上の砂や硬いゴミは、必ず取り除いてからフローリングワイパーでの掃除を行ってください。砂や硬いゴミをシートでキャッチしたまま床を拭いてしまうと、フローリングが傷つく恐れがあります。

また、ウェットタイプのシートをつけたまま長時間床に置いておくと、フローリングが変色する場合もあるので、掃除が終わったらシートはすぐ取り外しましょう。

おわりに

フローリングワイパーを使えば、ほうきや掃除機では取れない細かいほこりや皮脂汚れが簡単に落とせてさっぱりします。

見た目はきれいなフローリングも、ウェットタイプのシートで拭いてみると、意外と汚れているものです。

ぜひ雑巾がけの代わりとして役立ててください。

(Photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。