\ フォローしてね /

春の彩り!菜の花とホタテのバター醤油ソテーの作り方

鮮やかな緑が、春の訪れを感じさせてくれる菜の花。春が旬の野菜に多い独特の苦みとホタテの優しい風味が相性のよい、バター醤油ソテーの作り方をご紹介します。

材料(2人分)

  • 菜の花・・・1束
  • ホタテ(刺身用)・・・200g
  • エノキ・・・1束
  • バター・・・小さじ2
  • 薄口しょうゆ・・・小さじ2
  • 水・・・50cc

作り方(調理時間:約10分)

STEP1:エノキを炒める

石突きを落とし根本をバラしたエノキを、バター(分量の半分、小さじ1)を入れたフライパンに入れて、かさが半量程度にしんなりするまで中火で約2~3分炒めます。

STEP2:菜の花とホタテを入れて蒸す

3等分程度に切った菜の花と、ホタテ、水を入れてフタをして中火で約3分蒸します。

STEP3:味をととのえる

3分経過後、フタをあけ菜の花の茎の太い部分の固さを確認し火が通っているようであれば、火を止めてから、しょうゆ、残りのバターを入れて味をととのえます。

まだ固さが残るようであれば、更に炒め合わせるようにして加熱をし、お好みの固さになるまで火を通してから、味をととのえます。

完成!

器に盛りつけて完成です。

おわりに

ホタテと菜の花の他にエノキをたっぷり入れる事も美味しさのポイントです。エノキがホタテの旨みのある出汁を吸って縁の下の力持ち的な存在となり、より一層主役である菜の花の魅力を引き立ててくれます。ぜひ、お試し下さい。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。