1. 暮らし
    2. 何から始める?賃貸物件の希望条件の決め方や探し方

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    何から始める?賃貸物件の希望条件の決め方や探し方

    お部屋を探すとき、まず何から始めますか?基本的には「インターネットや情報誌で家賃をチェックして、希望に合う部屋をリストアップすること」これが肝心です。

    ここでは、賃貸物件の希望条件の決め方や探し方についてご紹介します。

    本記事は、リフォーム・オウチーノのご協力により、2013年に執筆されたものです。

    お部屋の希望条件を決めるポイント

    予算を決める

    住まい探しの第一歩は、「予算決め」からです。一般的な家賃の目安は、収入(月収)の3分の1以下と言われています。これを目安に、可能な家賃の額を決めるといいでしょう。

    住みたいエリア、沿線・駅を絞り込む

    まず、通学・通勤に費やせる時間を考えて、エリアや沿線・駅を絞りましょう。次に自分の上限家賃に合わせて、住みたいエリアや沿線・駅を絞り込んでいきます。

    インターネットを使えば、エリア、沿線、駅、家賃などの「こだわり」から簡単に検索できるのでおすすめです!

    引越しの時期を決める

    一般的な入居までの期間は、不動産会社に入居申し込みをしてから2週間程度です。そのため引越し時期から逆算して、最低でも1か月、できれば1か月半前から部屋探しを開始するのがベストでしょう。

    「時間がなくて納得のいいお部屋が探せなかった」と後悔しない様にしっかりと計画を立ててくださいね。

    何ヶ月も前から部屋探しを開始し、引越しよりもかなり前の時期に契約してしまうと、日割り家賃が多くなります。

    お部屋を探すときのポイント

    とにかく、いろいろなアプローチをして物件の情報を集めましょう。状況をつかんだら、早速絞り込んでいきましょう。

    1.沿線・駅で探す

    都心になるほど家賃相場は高いです。「急行停車駅」や「ターミナル駅」など、利用者の多い駅も家賃が高くなる傾向にあります。沿線や駅は柔軟に考えた方がよいでしょう。

    2.通学・通勤時間で探す

    各駅停車の電車しか停まらない駅でも急行電車との乗り継ぎがスムーズな場合があります。また乗り換えが少ない経路だと通学・通勤に便利です。

    3.家賃相場で探す

    希望する間取りを考えて、まず沿線の「家賃相場」を調べます。次に、各駅ごとの「家賃相場」を調べ、駅を絞り込みましょう。

    4.不動産会社に探してもらう

    1~3までの条件がまとまっている場合、物件を仲介する不動産会社に依頼し、自分の住みたい部屋の条件に近い物件を探してもらうこともできます。

    おわりに

    まずは予算を決めてしまいましょう。無理をしてしまうと後で辛くなってしまうので現実的に!

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人