\ フォローしてね /

不動産売却時の手順(引き渡し)

このライフレシピのもくじたたむ

物件売却のクライマックスは「引き渡し」です。

ここでは、引き渡し時の手順についてまとめたので、当日までに流れを予習してみてください。

本記事は、不動産ジャパンのご協力により、2013年に執筆されたものです。

引き渡しの手順

一般的に、売り主による所有権の移転と物件の引き渡し義務と、買い主による残代金を支払う義務は同時に履行します。

では、流れを見ていきましょう。

STEP1:残代金の決済と所有権移転登記

まず、買い主から売り主へ、残代金を支払います。住宅ローンを利用する場合は、ここでローンが実行されます。

残代金を受け取ったら、売り主は買い主に対して残代金の領収書所有権移転登記に必要な書類一式を引き渡し、一般的には司法書士が所有権移転登記を申請します。この場合、登記費用は司法書士に支払います。

売却物件に抵当権が設定されている場合は、抵当権抹消の登記も同時に申請します。

STEP2:公租公課等の精算

公租公課(固定資産税と都市計画税)、管理費などについては、

  • 引き渡し日の前日まで…売り主の負担
  • 引き渡し日以降…買い主の負担

として、日割り精算するのが一般的です。

買い主から精算金を受け取ったら領収書を渡します。

STEP3:その他必要書類等の引き渡し

  • 実測図や建築関係書類
  • 物件の鍵
  • 付帯設備の保証書・取り扱い説明書
  • その他の書類等

を売り主から買い主へ引き渡します。

必要書類等の引き渡しと引き換えに「引き渡し確認書」などを受け取ることも多いようです。

STEP4:仲介手数料の支払い

引き渡しが完了したら、不動産会社と結んだ媒介契約に基づいて、仲介手数料を支払います。不動産会社からは領収書を受け取ります。

おわりに

最後の最後でトラブルを起こさないためにも、事前にしっかり流れを理解して臨みましょう。

(image by amanaimages)
(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。