\ フォローしてね /

体力がなくても大丈夫!膝を立てて行う腕立て伏せのやり方

このライフレシピのもくじたたむ

前腕を鍛える場合に有効なのが腕立て伏せです。しかし、体力がないと普通の腕立て伏せは辛いものです。今回は、膝を立てて行う腕立て伏せをご紹介します。

道具は特にいりません。運動しやすい格好で行ってください。

やり方

STEP1:膝と手を床につける

床に膝と手をつきます。

STEP2:上体をゆっくり下げる

肘を曲げ上体をゆっくり下げます。

おでこや顔は床につけないようにしましょう。

STEP3:上体をゆっくり上げる

肘を伸ばし上体をゆっくり上げます。STEP2とSTEP3を繰り返します。

10回を1セットとし、5セット行います。

注意点とポイント

腕の筋肉を意識して各動作をゆっくり行ってください。すばやく行うと、どうしても体のバネを使ってしまいますし、肩や肘を痛めます。

おわりに

筆者は足を伸ばした腕立て伏せはそんなに出来ませんが、この腕立て伏せなら5セットは出来ます。体力や筋力が無い人は、このやり方をおすすめします。

最初は5セット出来なくても週に2度、1月やり続ければ、だんだん出来る回数が増えるので、鍛えられているのを実感できますよ。

(image by amanaimages)
(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。