1. 趣味
    2. コンパクトデジカメで素敵写真を撮る4つのポイント【その2】

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    コンパクトデジカメで素敵写真を撮る4つのポイント【その2】

    このライフレシピのもくじたたむ

    インターネットでモノを販売する際に最も重要なのが商品写真。でも・・・

    • コンパクトデジカメしか持ってない。
    • どうやったら素敵に撮れるのか分からない・・・

    というあなた。そんなあなたのためにコンパクトデジカメで素敵な写真を簡単に撮影できる方法をご紹介します。意識するポイントはたったの1つ。それは、

    「写真が暗すぎないか、明るすぎないか」です。

    それではさっそく、実際の撮影方法を見ていきましょう。

    本記事は、minneのご協力により、2013年に執筆されたものです。

    LESSON2 作品の写真がボケていませんか?

    まずは、下記の2枚の写真を比べてみてください。

    作品の魅力が伝わるのはどちらの写真でしょうか?下の写真の方がピントが合っていてより魅力が伝わるのではないでしょうか。

    写真がボケけているとどんなに素敵な作品でも良さが伝わりません。

    作品が鮮明に写っているか、自分の作品の写真を確認してみましょう。

    デジカメを手で持って撮影していると、シャッターを押す瞬間に手元がブレて上の写真のようにボケてしまう事があります。ボケない写真のポイントを見て行きましょう。

    3脚に固定して撮影する

    3脚でしっかり固定することで、手元のブレを防ぐことができます。

    3脚に固定+タイマーで撮影する

    3脚に固定してもシャッターを押す際にカメラ自体が動くことで写真がボケてしまうことがあります。その場合は、タイマー設定での撮影がオススメです。

    タイマー設定をすると、シャッターを押す際にブレることがないので、ピントが合った写真を撮影できます。

    写真がボケてしまう方、ぜひお試しください。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人
    このライフレシピに関係するタグ