1. 暮らし
    2. 古くなったタイツをワイパーシート代わりに再利用する裏ワザ

    古くなったタイツをワイパーシート代わりに再利用する裏ワザ

    フローリングワイパーは便利ですが、何度もシートをつけ変えるのが面倒だし、たくさん使うのがもったいないな…と思っていました。かと言って、シートを変える頻度を減らすとホコリがなかなか取れないですしね。

    そこで、筆者はワイパーにいらなくなったタイツを重ね履きさせることを思いつきました。

    こうすることで、ホコリがついたら上から剥ぐだけで、次のシートがすぐ出てきて便利!替えシートを持ち歩く煩わしさもなく、付け替える時間も省けて非常に便利です。

    必要なもの

    • 不要なタイツ
    • はさみ
    • フローリングワイパー本体

    古くなったタイツをワイパーシートに再利用する方法

    STEP1:不要なタイツをカットする

    ワイパーの幅に合わせて、タイツをカットします。

    タイツはかなり伸びる素材なので、カットする幅はおおまかでかまいません。

    STEP2:カットしたタイツに切り込みを入れる

    ワイパーにはめる口にするため、カットしたタイツに切れ込みを入れます。

    STEP3:何枚か作ってワイパーに重ね履きさせる

    カットしたタイツを伸ばしてワイパーに装着します。

    STEP4:完成!

    完成です。

    タイツは静電気が起きやすいナイロン素材なので、ホコリをよく吸着します。

    この裏ワザの便利なポイント

    汚れたシートは上から剥いで捨てれば、また新しいシートが出てくるので、時間のロスなく、またすぐお掃除できて、時間も労力もカットできます。

    タイツは濃い色だと取れたホコリが目立って、達成感がありますよ!かわいい柄のタイツだと、もっとお掃除が楽しくなるかもしれません。

    おわりに

    今回は、タイツをワイパーシートに転用しましたが、カットして吹き掃除に使うだけでも、かなり活躍します。水アカがきれいに落ちるという特徴もあります。

    古くなったタイツはぜひ再利用!捨てる前にぜひやってみてくださいね。

    (photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人