\ フォローしてね /

沖縄のゲストハウスの良かった点・残念だった点

2012年12月6〜10日に初めて沖縄へ1人で行き、宿泊は沖縄ならではの「ゲストハウス」に泊まりました。

せっかくなので2箇所に宿泊してみました。

沖縄県旅行の詳細

滞在中はほとんど那覇市内で、宿泊に使ったゲストハウスは2箇所とも那覇市内にありました。

スケジュール

  • 6日(木):15:30頃那覇空港着→ホテルへ→国際通り散策
  • 7日(金):首里城→博物館などおもろまち中心に散策
  • 8日(土):とまりん→個人経営のCafeへ
  • 9日(日):終日バスツアーで美ら海水族館→琉球村
  • 10日(月):日本銀行那覇支店→お土産など買い物

ゲストハウスを選ぶ

ゲストハウスはその多くがドミトリー方式と個室タイプに分かれています。

ドミトリータイプは部屋の中に2段ベッドがズラッと並んでいて、そのうちの1つを使うという形式のもので1,000円台からあります。個室タイプなら大体2,000円位からあります。

筆者が選んたポイントは、

  • 個室でできるだけ安い事
  • 評判
  • 楽天トラベルで予約できる事

この3つでした。

ステラリゾート

ネットで検索したところ、典型的なゲストハウスという面とゲストハウスらしくないオシャレな感じの両方を持ち合わせているなと思いました。

評価は高評価が多く、値段も2泊とも2,000円台前半だったので日程の前半はここにしました。

Hotel Stork

経営者が変わったのか以前は「アバンティ」という名前でした。ゲストハウスと言えば、使い古した建物に所狭しと詰め込んだ2段ベッド、というイメージを持ってしまいますが、ここはネットで見る限り、普通のビジネスホテルの少し狭い版といった感じだと思いました。

値段は2,700円とゲストハウスにしては少し高いですが、気にならない程度なので、日程後半はここに決めました。

ステラリゾートの感想

国際通りから5分ほどにあるゲストハウスです。かなり古いビルの2階とその上の階がホテルです。

ホームページを見る限りオシャレでキレイで格安だったので、かなりワクワクしながら行きました。

ステラリゾートの良かった点

良かった点1 ー ネット環境

館内は無線LANが完備されていて、部屋の中は備え付けの旧式のデスクトップPCでネットができます。もちろん、無線LANも室内に入ってました。

良かった点2 ー 大型薄型テレビ

ホームセンターで売ってそうなメーカーのテレビの割にはキレイな映像でした。おそらく32Vサイズです。

良かった点3 ー 温泉割引

宿泊者限定で近所の温泉の割引券が購入できます。通常950円が600円になります。初日はシャワーにして、次の日は温泉へ行きました。1日1枚づつ計2枚買って次のホテルに泊まった時にも利用しました。

ステラリゾートに宿泊していない日でも割引券が使えます。

ステラリゾートの残念だった点

残念だった点1 ー 最初はわかりにくい

建物がわかりにくかったです。目的地に来ているはずなのに周囲の建物と同化してしまっているせいでわかりにくかったです。

残念だった点2 ー セキュリティ

個室の扉と鍵が貧素でした。部屋の扉は手作りっぽく軽い扉で、鍵は南京錠より少しマシな鍵でした。

残念だった点3 ー 壁

壁がかなり薄いのか隣の部屋から話し声が丸聞こえでした。隣の部屋のテレビの音声も丸聞こえです。

残念だった点4 ー ベッドに騒音

入口側にある二段ベッドは、上も下も何かのモーターの音がしてやかましくて寝られないのでテレビの前に布団を敷いて寝ました。

残念だった点5 ー 受け付け

沖縄の人はフレンドリーなイメージを勝手に持っていましたが、愛想が悪く、チェックインの時の空気が重かったです。

チェックアウトの時の別の受け付けの人は愛想が良かったです。

ちなみにエアコンは有料なので夏は要注意です!

Hotel Stork(ホテルストーク)の感想

モノレールおもろまち駅から徒歩10分強の所にあります。部屋はロフト形式です。

ホテルストークの良かった点

良かった点1 ー 立地

大型商業施設サンエーやファミリーマートやローソンも近くにあって便利です。特にファミリーマートは徒歩すぐの場所にあってかなり便利です。

良かった点2 ー 施設

  • 概観や館内設備、部屋もまさにビジネスホテルと同じで非常にキレイ。
  • 部屋のネットは有線LANのみで、ロビーと廊下の一部はソフトバンクの無線LANが使える。

良かった点3 ー サービス

  • ゲストハウスなのにタオル類などアメニティが用意される。エコプラン除く。
  • 飲み放題のフリードリンクがロビーで飲める。

良かった点4 ー 宿泊割引券プレゼント

チェックアウトの時に次回使える宿泊割引券を1枚もらえる。

ホテルストークの残念だった点

残念だった点1 ー ロフト

  • 急なハシゴ。
  • ベッドの一部に柱が飛び出てる。
  • 狭い上に天井が低い。

まさに想定外の使いにくさでした。

起きている時はロフトの天井が低いとわかっていても、一度寝てしまうと低かった事をすっかり忘れてしまいます。実際、朝起きた時に天井が低い事を忘れていて頭を打ってしましました…。

ロフト部分の天井はかなり低いです。

残念だった点2 ー 大画面液晶テレビ

せっかくの大画面テレビの東芝REGZAなのですが…

  • なぜかテレビはNHKしか映らない。
  • 下の椅子に座ってもロフトからも見にくい。
テレビは高い位置にあるため、下からはもちろん、ロフトからは柵が邪魔しても非常に見づらいです。

残念だった点3 ー 支払い方法

コストダウンのためなのかカード決済ができません。支払いは受け付け手前の自動販売機の様な機械で支払います。

旅行手配手順

宿泊はいつも楽天トラベルでするようにしているので、今回もそのようにしました。ただ、今回どちらのゲストハウスもネットからの宿泊予約がうまくいきませんでした。

ステラリゾートでは早割が適用されるはずなのにできませんでした。Hotel Stork(ホテルストーク)もうまくできませんでした。

なのでとりあえず泊まりたい日を別プランで押さえて電話で変更してもらいました。

宿泊費用

ステラリゾート

  • シングルルーム、禁煙ルーム、早期得割28・・・2,400円x2日=4800円

Hotel Stork(ホテルストーク)

  • 1日目:禁煙、スタンダードルーム・・・2,700円

  • 2日目:禁煙、エコ割スタンダードルーム・・・2,600円

合計 10,100円

注意点

お風呂

どうして沖縄の宿泊施設にゲストハウスが多いでしょうか。それはおそらく年中温暖で空気が乾燥している気候のため、湯船に浸からなくても問題無いという背景が宿泊施設にお風呂を作らないのでしょう。なので安い簡易宿泊施設ができたんだと思います。

どちらのゲストハウスもお風呂はありませんがシャワーはありました。沖縄では冬でも湯船に浸からないのが普通なんだとか…。

なので内地にもあるホテルチェーンならお風呂はあっても、地元の宿泊施設にはほとんどの場合、湯船がありません。

シャワーだけでは寒い

でも「よそ者」からすれば沖縄の冬であってもシャワーだけというのは寒いです。なので宿泊先では初日にシャワー、次の日は温泉に行っていました。

温泉はちょうど今回泊まった両ゲストハウスの中間にあったので、どちらからも行きやすかったです。

真夏で無い限りゲストハウスに泊まる場合はどこかでお風呂に入る事を考えておいた方が良いかと思います。個人的には、ここの温泉は比較的高いですが、かなりしっかりした施設で露天もあるので、十分満足できると思います。

おわりに

ゲストハウスはHotel Stork(ホテルストーク)のようなビジネスホテルをコンセプトにしているところは別として、やはり一般のビジネスホテルのような仕組みや設備は期待できません。

あくまで簡易宿泊施設なので安いという事は肝に銘じておきましょう。

(photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。