\ フォローしてね /

ごぼうが主役!冷蔵庫の残り物一掃の具沢山煮物の作り方

ごぼうの風味を生かした具沢山の煮物です。冷蔵庫の中で賞味期限切れを迎えそうな残り物から出た旨みを、がんもどきとこんにゃくに染み込ませていただきます。

材料(5人分)

  • ごぼう 300グラム
  • 鶏手羽元 3本
  • がんももどき 10個
  • こんにゃく 1丁
  • にんじん 1本
  • 干ししいたけ 3枚
  • 油 大さじ1杯
  • 酒 大さじ1杯
  • しょうゆ 大さじ2杯
  • 砂糖 大さじ1杯
  • かつお風味調味料 大さじ1杯

作り方(調理時間:30分)

STEP1:干ししいたけを水で戻す

干ししいたけ3個をカップ1杯の水に入れ、1時間程度かけて戻します。

STEP2:こんにゃくの下ごしらえをする

こんにゃく1丁をまな板の上に置き、端からスプーンでくり抜くように切り取っていきます。

このように、表面積が広くて味がしみこみやすい形状になります。

なべにカップ2杯の水を入れて強火にかけます。沸騰したら切ったこんにゃくを入れて、5分くらい強火で沸騰させて煮て、あく抜きをします。

5分間強火で茹でてあくを抜いたこんにゃくをざるに上げてお湯を切ります。

やけどしないように気をつけて作業しましょう

STEP3:がんもどきの下ごしらえをする

なべにカップ2杯の水を入れて強火にかけます。沸騰したら、がんもどきを入れて、強火で5分くらい煮て揚げ油をお湯に溶かしだします。

この作業を「油抜き」と言います。煮物の味をよく染みこませたり、さっぱりと仕上げる効果があります。

強火で5分間茹でて油抜きをしたがんもどきをざるに上げてお湯を切ります。

やけどをしないように気をつけて作業しましょう。

STEP4:他の材料を切る

ごぼうに水をかけながら、スポンジで優しく泥汚れを落します。

ごぼうの皮の部分に旨み成分が集中していますので、包丁で皮を落すよりもスポンジで洗った方が美味しくなります。

ごぼうの泥汚れを洗ったら、親指の先くらいの大きさ(2センチか3センチくらい)の乱切りにします。

にんじんも、同様に、親指の先くらいの大きさ(2センチか3センチくらい)の乱切りにします。

水で戻したしいたけは、軸を切り取り、親指の先くらいの大きさ(2センチか3センチくらい)に切ります。しいたけの戻し汁は捨てずに取っておきます。後で煮汁として用います。

揚げかまぼこは、親指の先くらいの大きさ(2センチか3センチくらい)の幅に切ります。

STEP5:材料を油で炒める

鍋に大さじ1杯の油を入れて、強火にかけます。油が温まったら鶏手羽元を入れて強火でこんがりと表面を焼きます。

おはしで鶏手羽元を転がしながら強火で炒めます。

鶏手羽元に焼き目がついたら、にんじんを鍋に入れて強火で炒めます。

30秒ほど強火で炒めてにんじんに油が回ってつやつやしてきたら、強火のままごぼうを入れていため合わせます。

30秒ほど強火で炒めてごぼうに油が回ってつやつやしてきたら、しいたけ、揚げかまぼこ、こんにゃくを入れて強火のまま30秒炒め合わせます。

STEP6:しいたけの戻し汁と水を加えて煮る

材料を炒め合わせた鍋に、しいたけの戻し汁を入れます。更に、材料が完全に浸かるまで2カップ程度の水を加え、酒大さじ1杯、かつお風味調味料大さじ1杯、砂糖大さじ1杯、しょうゆ大さじ2杯を加えます。

加える水の量は鍋の大きさや材料の量によって調整してください。

ふたをして、にんじんやごぼうが柔らかくなるまで中火で5分くらい煮ます。

STEP7:調味してがんもどきを入れて更に煮る

5分煮たらふたを取り、あくをすくいます。味見をして、少し薄いかなという程度に調味します。

味付けを確認したら、油抜きをしておいたがんもどきを入れます。

がんもどきを載せた上にキッチンペーパーを載せて落し蓋の代わりにします。

再びふたをして、弱火で10分煮て、火を止めます。ふたは開けないで、そのまま放置します。

煮物は、温度が除々に下がって行く過程で味が染みます。ふたは完全に冷めるまで、絶対に開けないのがコツです。

STEP8:煮返して味を確認する

食べる直前に鍋を火にかけて沸騰させ、味見をします。薄味に感じたらしょうゆやかつお風味調味料を足してください。

STEP9:完成!

温めて、味の確認をしたら、お皿に盛り付けて完成です。ダイナミックに大皿に盛り付けてみんなで楽しくいただきましょう。

上手に作るためのポイント

面倒でも、こんにゃくとがんもどきの下ごしらえ(あく抜きと油抜き)は省略しない方が、味のしみこみがよくなるでしょう。

さいごに

煮物は大量に作って、何度も煮返しているうちにもっと美味しくなる便利なお料理です。忙しい時の常備菜としても役立ちます。是非、お試しください!

(Photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。