\ フォローしてね /

バターしょうゆ味!ワカサギの小さなムニエルの作り方

いつもは天ぷらや唐揚げなど揚げて食べることの多いワカサギですが、
フライパンでムニエルにしてみました。揚げ油の後処理もなく楽な一品です。

ここではその作り方をご紹介したいと思います。

材料(4人分)

  • ワカサギ:250g
  • バター(またはマーガリン):20g
  • 塩:適宜
  • こしょう:適宜
  • 薄力粉:大さじ2
  • しょう油:小さじ1
  • パセリ:適宜

作り方(調理時間:20分)

STEP1:下準備をする

ワカサギを水で軽く洗い、水分を拭き取ります。

STEP2:下味をつける

ワカサギに塩とこしょうをまぶします。まぶすのは片面だけで良いです。

STEP3:薄力粉をまぶす

焼く直前に、袋に薄力粉とワカサギを入れて口を閉じ、袋を振ってワカサギに薄力粉がまんべんなくつくようにします。

薄力粉をまぶしてから時間が経つと、ワカサギから水分が出て出来上がりがベチャベチャになってしまいます。

STEP4:フライパンで焼く

温めたフライパンにバターを入れて溶かし、バターが溶けたらワカサギを重ならないように並べ、弱火でじっくりと片面5分くらいずつ焼きます。

ワカサギは身が柔らかく崩れやすいので、裏返す時は注意しましょう。

STEP5:仕上げをする

おいしそうな焼き色が両面についたら、しょう油を回し入れて出来上がりです。

下味の塩コショウとバターによって塩気があるので、しょう油は少なめです。お好みで量を調整してください。

STEP6:盛り付ける

出来たらお皿に盛り、フライパンに残ったバターとしょう油のソースを掛け、パセリを振ります。

さいごに

魚を揚げ物にした後の油は後片付けが面倒でしたが、この料理はフライパンに残ったバターとしょう油もソースになるので、無駄がなく、後片付けが楽になります。ぜひ一度、作ってみてください。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。