1. 趣味
    2. 日々の練習を怠らずに!アコースティックギターのカッティングの方法

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    日々の練習を怠らずに!アコースティックギターのカッティングの方法

    アコースティックギターにもカッティングという演奏技法があります。今回は、そんな「カッティングの方法と効果的な練習法」をご紹介します。

    用意するもの

    • ギター
    • ギターピック

    カッティングとは

    カッティングとは、ミュートした状態でストロークを繰り返すことで「カッ,カッ」という音が出す技法のことです。

    カッティングには、主に2つの方法がありますので、今回は両方紹介します。

    演奏方法

    左手を使ってカッティングする方法

    左手を使ってカッティングする場合は、弦を押さえている指で音をミュートさせて、そのままストロークしてください。

    押さえている指は、音が鳴らないように添えるだけで大丈夫です。

    右手を使ってカッティングする方法

    右手を使ってカッティングする場合は、右手の側面を弦の上に乗せながらストロークしてください。

    感覚としては、「右手で音を切る」ようなイメージで行いましょう。

    コツ

    左手を使ってカッティングする時

    弦を押さえている指に力を入れないようにすること」が重要です。指を軽く弦に添えるた状態でストロークするだけで、カッティングは出来るようになります。

    反復練習によって、添える際の力加減などを体で覚えましょう。

    右手を使ってカッティングする時

    弦から右手が離れないようにすること」が重要です。この際、左手は力を入れたままでいいので、右手は弦に添えたままストロークしてください。

    練習方法

    効果は同じですので、好きな方法で練習してください。

    左手を使ってカッティングする時

    カッティングは、コードを奏でている時にも使われます。そのため、さまざまなコードで練習することをおすすめします。また、様々なフレットでも練習してみましょう。

    ギターのネックの太さはフレットの位置によって若干変わっていきます。その点にも注意しながら練習をしましょう。

    右手を使ってカッティングする時

    最初は、ゆっくりでも構いません。慣れてきたら、徐々にスピードを上げていけばいいと思います。

    「速さ」よりも「正確性」を重視しながら練習してみましょう。

    どちらにも共通する事

    どちらの方法にも共通して、必ずメトロノームを使用しながら練習しましょう。安定したリズムを使って、正確なタイミングでカッティングする癖をつけましょう。

    注意点

    余計な音を消す

    注意するべきところは、必要のない音が鳴らないように気をつけましょう。特にコードでのカッティングの際には、必要のない弦をしっかりとミュートしましょう。

    おわりに

    いかがでしたか?アコースティックギターのカッティングは、最初は難しいものですが、繰返しの練習の中で感覚が分かってくるはずです。

    めげないで反復練習を行なって行きましょう!今回の記事が少しでも参考になっていただけたら幸いです。

    (photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人