1. 料理
    2. 作ったカレーの冷蔵保存&冷凍保存の方法

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    作ったカレーの冷蔵保存&冷凍保存の方法

    カレーを作るときは、大量に作ってそれを次の日も食べるとか、保存しておいて数日後に食べるという方が以外に多いですよね。一人暮らしなどをしていると、自炊することが億劫になってしまって、何日もカレーを食べ続けるといったような経験があるのではないでしょうか。

    しかし、以外に知られていないのが保存の仕方です。食べたあと、次食べる時までそのままで放置してしまうと、菌が繁殖してお腹を壊してしまうかもしれません。そこで、ここではカレーの保存方法として冷蔵保存と冷凍保存の二つの方法を紹介します。

    超便利!知ってトクするいろんな料理の残り物の保存方法はこちら
    料理の残り物を保存する方法

    カレーの保存について

    実はカレーのようにとろみのついた食材はさめにくく、表面が冷めても内側で菌が繁殖してしまうことがあるのです。なので、よく混ぜて冷ますか、平べったくして保存するのが良い方法です。

    用意するもの

    • おたま
    • ジップロックなどのチャック袋
    • お茶碗

    下処理

    足の速いジャガイモなどの食材を取り除いておきましょう。あらかじめジャガイモを別ゆでしてトッピングする方法だと簡単です。

    カレーの保存法・冷蔵バージョン

    2日以内に食べきる場合はこの方法がお勧めです。

    STEP1:急速に冷ます

    団扇で仰ぎながら混ぜ、中までしっかり冷まします。

    STEP2:冷蔵庫へ

    鍋の蓋をして、冷蔵庫に入れます。

    普段から、大なべが入れられるスペースを冷蔵庫に作っておくと簡単です。

    ポイント:再加熱しよう

    次の日食べる前、または食べなくても、日に一回は火を入れて3分間ほど沸騰させましょう。そして、STEP1~2を繰り返します。

    この方法で、2~3日は保存できます。

    冬場でも、暖房でキッチンが暖かくなる場合がありますので、必ず冷蔵保存しましょう。

    カレーの保存方法・冷凍バージョン

    3日以上開けて食べたい場合はこの方法をお勧めします。

    STEP1:チャック袋のセット

    お茶碗にチャック袋をこのようにかぶせると、きれいに入れられます。

    STEP2:カレーを入れる

    カレーを、お椀の内側に入れるようにして、袋に入れます。

    STEP3:空気を抜く

    しっかり押さえて空気を抜き、チャックを閉めます。

    STEP4:日付を書く

    製造日を袋に記入しておきます。

    STEP5:横向きに冷凍

    冷凍庫の中に横向きにおき、数時間凍らせます。

    STEP6:縦向きに冷凍

    ある程度凍ったら、縦向きに収納すると取り出しやすくなります。

    この方法で、2~3か月は保存できます。

    注意点

    冷凍保存の場合、自然解凍すると分離してしまうことがあります。必ず電子レンジ化鍋で、急速に温めましょう。

    おわりに

    いかがでしょうか。カレーの保存は、意外にちょっとした手間がいりますね。でも、保存しておけば食べたいときにすぐ食べられるので便利です。コツをつかんで、長くおいしくいただきましょう。この記事が少しでもお役にたてば幸いです。

    (photo by amanaimages)

    (photo by 筆者)

    このライフレシピを書いた人