\ フォローしてね /

家族旅行にもおすすめ!沖縄観光スポット

筆者はとにかく沖縄が大好きで、1年に1回は行くようにしています。

たくさん観光スポットはありますが、今回は、家族旅行にもぴったりな場所をご紹介させていただきます。

筆者の沖縄旅行概要

日程

2010年9月の3泊4日

同行者

主人(当時はまだ交際中)

スケジュール

  • 1日目:那覇観光、アメリカンビレッジ
  • 2日目:恩納村でマリンスポーツ
  • 3日目:美ら海水族館、ゴリラチョップなどドライブ
  • 4日目:那覇観光(おもに国際通り)

宿泊先

恩納村の「オーシャンビューイン希望ヶ丘」に泊まりました。

おすすめ観光スポット

美ら海水族館

沖縄といえば美ら海水族館というイメージもありますが、ダイナミックで、普段水族館にあまり興味が無い筆者も、とっても楽しめました。

館内にあるカフェ「オーシャンブルー」では、ジンベイザメを眺めながらお茶をする事が出来ます。

ただ、水槽の横の席は限られているので、朝一でカフェに直行する事をオススメします。

そして、「黒潮探検」という水槽の上から見学できるツアーもあります。このように、ジンベイザメも上から見下ろせちゃいます。子供は勿論、大人も興奮する事間違い無しです。

時間によってはかなり混雑していたので、こちらも早めに行く事をおすすめします。

駐車場はありますが、混雑時は施設からかなり遠くにとめる事になる可能性があります。
ホームページはこちら:美ら海水族館

ゴリラチョップ

いわゆるダイビングスポットではありますが、ゴツゴツした岩がゴリラがチョップしているように見えます。

人によってどの角度がゴリラに見えるが異なるようなので、色々な角度から見てみてください。

ダイビングスポットというだけあって海も抜群に綺麗です。

美ら海水族館の帰り道にあるので、ドライブがてら見に行くのもおすすめです。

駐車場あります。少し見つけにくいので、現地の人に道を尋ねるのをおすすめします。

アメリカンビレッジ

美味しい物を食べて、お買い物がしたい方には是非おすすめなのがアメリカンビレッジ。

アメリカな雰囲気の建物の中に、アパレルショップ、レストラン、映画館、ゲームセンターなど様々なお店が入っています。レストランも、ハンバーガーショップ、ステーキショップ、勿論沖縄料理のお店もあります。

季節によってはイベントも行われています。

写真には写っていませんが、大きな観覧車もあり、サンセットビーチを眺める事が出来ます。夜には夜景を見ることもできるので、カップルの方にも是非おすすめです。

駐車場あります。平日は割とすいていますが、週末になると米軍基地の方がたくさんいます。
ホームページはこちら:アメリカンビレッジ

沖縄の良かったところ・イマイチだったところ

良かったところ

今回ご紹介させてもらった場所は、どこもとても良かったです。

特に、美ら海水族館のカフェでジンベイザメを見ながらまったりするのは、本当におすすめです。

イマイチだったところ

初めて行く方には問題無いかもしれませんが、国際通りは、同じようなお店がたくさんあって、正直イマイチだと感じてしまいました。

特に、お土産は同じ物がとても多かったです。

沖縄旅行のアドバイス

レンタカーは絶対必要!

電車が無いという事もありますが、レンタカーは必ず必要です。

もし雨が降ってしまって、マリンスポーツが出来ない場合、ドライブだけでも充分楽しめます。

エリアごとに観光する

筆者の場合、恩納村に宿泊したので、どのエリアに行くのも便利でしたが、もし那覇などに宿泊した場合、美ら海水族館まで結構な距離があるので、時間がかかります。

その場合は、美ら海水族館周辺の観光スポットを探すなど、時間の無駄が無いように計画をたてる事をおすすめします。

雨の日の事も考えておく

季節にもよりますが、台風に直撃する事も珍しくありません。

室内の観光スポットや体験スポットなどもたくさんあるので、事前に調べておくと、当日慌てなくすみます。

現地の人におすすめのスポットを聞く

本で調べるのも良いですが、宿泊先のスタッフの方におすすめのスポットを聞くのも良いでしょう。

筆者もスタッフの方に聞いて、ゴリラチョップへ行く事が出来ました。

また、海に関しても、地元の人しか行かない隠れ家的な場所があったりするので、是非聞いてみましょう。

おわりに

沖縄は本当にたくさんの観光スポットがあります。

本島だけではなく、離島もたくさんあるので、観光するのにとっても迷ってしまうかもしれませんが、じっくり計画を練って楽しい旅にしてくださいね。

(Photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。