\ フォローしてね /

鎌倉で大人気の金運アップスポット!「銭洗弁天」のおススメポイント

以前、神奈川の鎌倉・湘南エリアを旅行した時、寺社仏閣をたくさん訪れました。それぞれに味わいのある素敵な場所だったのですが、その中でも特におススメのスポットをご紹介させていただきます。

筆者の旅行の詳細

2010年8月に、2泊3日の日程で妹と旅行してきました。宿泊は、浅草の「つるや旅館」と鎌倉の「Hotel鎌倉mori」に1泊ずつです。

浅草などの東京の下町と、横浜、鎌倉などを巡り、観光スポットや気になる美味しそうなお店にたくさん立ち寄りました。

「銭洗弁天」の詳細情報

正式名称は、銭洗弁財天宇賀福神社(ぜにあらいべんざいてんうがふくじんじゃ)。かの源頼朝が、夢枕に現れた老人のお告げによって岩から湧き出る霊水を発見し、この社を建てて宇賀福神を祀ったという伝説が残っています。

行き方

鎌倉駅西口より、徒歩20~25分。地図は、こちら

見どころ

洞窟を抜ける長い入り口や、鎌倉五名水に数えられている湧き水など。

予約や料金

どちらも必要なし。

注意点

鎌倉駅から銭洗弁天までは、徒歩20~25分とかなり時間がかかります。それ以外にも、建長寺や明月院など幾つかの主要な寺社仏閣を訪れるのであれば、一日で相当な歩行距離になりますので、歩きやすい靴で出かけましょう。

「銭洗弁天」の詳細は、こちら

「銭洗弁天」のよかったところ

エキゾチックな雰囲気

この神社は、写真のように長い洞窟を抜けて入るので、入り口からして他の神社とは一味違うエキゾチックな雰囲気に溢れています。

金運アップのパワースポット!

ザルと線香と蝋燭のセット(100円)をもらって、先に参拝を済ませ、洞窟内の湧き水がたたえられた場所に行きます。そこの霊水で、ザルに入れたお金を洗うと、何百何千倍にも増えると言われており、他の参拝客にまざってこの“銭洗い”をするのがとても楽しかったです。

「銭洗弁天」のイマイチだったところ

お札の“銭洗い”はちょっと大変

筆者はついつい欲を出してしまい、小銭以外に1万円札も洗ったのですが、乾かすのに時間がかかってちょっと大変でした。やっぱり小銭ぐらいがちょうどいいと思います。

対応が素っ気ない

神社の人に正式な参拝の順序を尋ねたとき、対応が素っ気ないというのか、面倒くさそうな感じだったので、ちょっとガッカリしました。

観光に関するアドバイス

鎌倉の寺社仏閣は、早いところだとPM4:00には閉門してしまうので、訪問時間にはくれぐれも気を付けて下さい。ちなみに、「銭洗弁天」はPM4:30までです。

まず、蝋燭を奉納して、線香に火を付けてその煙で体を清め、本殿で参拝してから洞窟で銭洗いをするというのが正式な順番らしいので、いきなり洞窟に行かないようにしましょう。

おわりに

古都・鎌倉は静かで落ち着いた雰囲気のところが多かったですが、この神社はひときわ人が多くて賑わっているのが印象的でした。少し駅からは遠いですが、鎌倉の散策がてら金運アップを目指してぜひ訪れてみて下さいね。

( photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。