1. 暮らし
    2. 注文建築タイプのリゾート物件購入の手順

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    注文建築タイプのリゾート物件購入の手順

    憧れのリゾート物件を手に入れるためには、どのような手順を踏む必要があるのでしょうか?

    ここでは、注文建築タイプのリゾート物件購入の手順をまとめているので、興味のある方はぜひ参考にしてください。

    本記事は、SUUMOのご協力により、2013年に執筆されたものです。

    利用開始までの手順

    STEP1:要望整理・情報収集開始

    したい暮らしと建てたい家のイメージを膨らませ、要望にまとめましょう。

    STEP2:不動産会社と接触

    予算と要望を伝えます。目当ての土地は、事前に詳しい資料を取り寄せましょう。

    STEP3:建築会社の検討を開始

    土地と並行して建築依頼先も探しましょう。現地見学前に2~3社に絞っておくのがベターです。

    STEP4:建築会社と現地見学

    同行を依頼し、建築のプロと土地の見立てをしましょう。法規則は事前にチェックしておきたいです。

    現地までの交通費が必要になります。

    STEP5:契約を決意・手付金を支払う

    問題無さそうなら土地を押さえましょう。事前に地盤調査をしておきたいところです。

    手付金を支払います。

    STEP6:土地部分ローンの申請・審査通過

    ローン利用の場合、収入の証明など書類をそろえて、金融機関に提出しましょう。

    STEP7:土地の売買契約

    契約前の重要事項説明で、建築上の規制や経費負担額を細かく確認しておきましょう。

    印紙税・仲介手数料を支払います。

    STEP8:土地の登記

    所有権保存登記と抵当権設定登記を行い、ローン本契約を結びましょう。

    登記費用を支払います。

    STEP9:ローン契約引き渡し

    ローンの契約が成立し、事項されたら土地代金などを支払い、引き渡しです。

    物件代金・諸費用を支払います。

    STEP10:建築プランの打ち合わせ

    間取りや設備の希望を2~3社に伝え、敷地調査とラフプランの提案を依頼しましょう。

    STEP11:ラフプラン・見積りの検討

    出てきた平面図と概算見積もりを比較検討します。その後、建築依頼先を1社に決めましょう。

    STEP12:つなぎ融資の申請・審査通過

    ラフプランと概算見積もりを提出し、完成前の支払いに充てる融資を申請しましょう。

    STEP13:建築請負契約

    本工事費以外の別途工事費や諸費用の見積りを確認の上、契約しましょう。

    建築工事費の一部と消費税を支払います。

    STEP14:建築プランの詳細を詰める

    設備・建材、配線計画などを決定後、最終の図面と見積りをもらいましょう。

    STEP15:地鎮祭を行う

    現地に出向き、神主さんに手配をして、工事の安全を祈祷する地鎮祭を行いましょう。

    地鎮祭費用を支払います。

    STEP16:着工する

    工事が開始されます。その前に、工事車両や騒音で迷惑をかける周辺住民に挨拶をしておきましょう。

    建築工事費の一部と消費税を支払います。

    STEP17:上棟・上棟式を行う

    上棟を祝ってお神酒をまき、御祝儀を配るなどして、大工さんを労いましょう。

    建築工事費の一部を支払います。

    STEP18:竣工・引き渡し・登記

    建物完成後、図面通りにできているか立ち会い確認を行い、引き渡しです。

    建築工事費の残金・消費税・登記費用・諸費用を支払います。

    STEP19:ローン本契約・つなぎ融資返済

    所有権・抵当権の登記後、ローンを契約しましょう。実行されたら、つなぎ融資を返済します。

    ローン諸費用を支払います。

    STEP20:利用開始

    建築会社によっては、建物の定期的なメンテナンスサービスが始まります。

    各種税金・固定資産税を支払います。

    平均検討期間は18.8カ月

    リゾート物件の平均検討期間は18.8カ月。1~3社程度の不動産会社と接触し、3~5カ所程度を現地見学して出会った物件で決めているようです。

    ただ、これはあくまでも目安なので、希望する条件や予算、こだわりの度合いによって物件の見つかりやすさは異なります。また、定住の場合は、四季を通しての気候や病院・スーパーなどの生活インフラ・コミュニティの人々との相性など、じっくりと検討しましょう。

    おわりに

    動き出してから慌てないためにも、しっかりと事前に計画を練りましょうね。

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人