\ フォローしてね /

新築一戸建て物件を購入する際のポイント

家は人生の中でも一際大きな買い物です。だからこそ、失敗は絶対に避けたいものですね。

ここでは、新築一戸建て物件を購入する際のポイントをまとめてみたので、是非参考にしてください。

本記事は、SUUMOのご協力により、2013年に執筆されたものです。

新築一戸建て物件を購入する際のポイント

購入先を要確認

新築一戸建てを購入する場合、売主である不動産会社から直接購入する場合と、工務店などが、自社の所有する土地に建てた物件を仲介会社を介して購入する場合があります。仲介会社を介する場合は、仲介手数料が必要になるので事前に確認しましょう。

  • 仲介手数料の上限

仲介手数料には上限が定められています。最終的には、購入者と仲介会社で合意した金額で決定されるものですが、一般的には、400万円を超える場合、物件価格の3%+6万円に消費税5%を加えたものが仲介手数料となります。

土地も買う時は住宅ローンに注意

土地を買って家を建てる場合、住宅ローンの扱いが複雑になります。土地にも建物にも同じ住宅ローンを適用する場合、土地の購入時点で、建物に関する資料の提出を求められることが多いので、事前に準備しておきましょう。

また、土地と建物のローンが別々になると、関連諸費用も増えてくるので、土地の購入先や、建築を依頼しようとしている会社に早めに相談しましょう。

未完成のままの契約に注意

新築一戸建ての場合も、契約時には建物が未完成という場合があります。モデルハウスも実際の建物の仕様とは違うことが多いので、契約図面や設備仕様はよく確認しておきましょう。また、「事前内覧会」では、契約した内容との違いがないかもチェックをしましょう。

おわりに

後悔しないためにも、しっかり確認しましょうね。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。