1. 雑学
    2. 「気が置けない」と「気が置ける」の区別の仕方

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    「気が置けない」と「気が置ける」の区別の仕方

    言葉はとても難しいですね。本来の意味は良い意味でも間違ってしまうと相手に不快に思われてしまいます。ここでは「気が置けない」について紹介します。

    間違えやすいもの

    • 「気が置けない」

    • 「気が置ける」

    例えば、「気が置けない友人」と「気が置ける友人」のどちらが親友と言えるでしょうか?時々わからなくなってしまいます。

    区別する方法

    • 気が置けない人

    「気を使わない」「気楽に接する事が出来る」という意味で、一緒に居ると気を使わなくて安心して過ごす事の出来る様な人に対して「○○さんは気が置けない人」と使います。

    • 気が置ける人

    「気が置ける」人と言うと、実は気を許せない、油断ならない人の意味になってしまいます。

    覚え方

    「あれ?これってどっちだっけ?」と迷ったときにすぐ思い出せるように、「気が置けない」は「気を使わない」と覚えましょう。

    注意する点

    この言葉は逆の意味に誤解して捉える人が多いので、使う前に確認した方がいいです。「気が置ける人は、気を使わない良い友人のことよ」と言っておくと相手に誤解されません。

    おわりに

    ここでは「気が置けない」の言葉の使い方を紹介しました。親友に間違った意味の言葉を使わないように注意して下さい。

    Twitterで紹介!

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人