\ フォローしてね /

効果を実感!お風呂場の窓の冷気対策

浴槽のすぐ横上に大きな窓がある我が家は、冬場は窓から寒気が入ってきてすぐに冷えてしまうのが悩みでしたが、簡単でエコな方法はないかと考えた結果、とても良い方法を見つけました。簡単にできますので、ご紹介いたします。

浴室の窓の冷気対策の準備

必要なもの

  • お風呂マット:それぞれの窓の大きさに合わせてください
  • 突っ張り棒:伸ばしたときに窓の端から端までの長さが必要です

冷気対策をする窓

我が家は、浴室に北向きの大きな窓があるため、半身浴などをしていると窓側の方から肩や上腕が冷たくなっていくのがわかりましたし、湯温もすぐに下がってしまいました。

体を洗うときも寒くて震えるくらいでしたので、必要に迫られての工夫です。

窓の冷気対策の方法

STEP1:お風呂マットと突っ張り棒を用意します

ホームセンターでお風呂マットと突っ張り棒を購入します。お風呂マットは窓にきっちりあった大きさのものでなくても大丈夫です。大きければ、切ればよいですし、小さければ2個を組み合わせます。

突っ張り棒は、マットを抑えるだけなので強度は不要です。伸ばしたときに、窓の端から端まで届けば大丈夫です。

STEP2:窓を掃除します

カビの原因になりますので、窓をきれいに掃除します。浴室は湿度が高く、気づかないうちに石鹸かすなどが飛びます。

どんなに気をつけても冬の終わりには、多少のカビは生じますが、ある程度仕方がないとあきらめています。

STEP3:突っ張り棒をセットします

窓の幅に合わせて、伸ばしたときに緩まない程度につっぱるくらいにします。

STEP4:お風呂マットをセットします

我が家は、60×85のマットを二つ重ねています。上の方が少し開いていますが、冷気は下の方から来るので、このくらいだとあまり気になりません。明るい色のマットにすると、夜の入浴の時に、浴室全体が明るい感じになりますので、淡いパステルカラーがおすすめです。

STEP3の写真と比べてみてください。何となくSTEP4の写真の方が浴室内が明るく感じませんか?

心がけるべきポイント

最後に入浴した人は冷水をさっとかけて必ず換気扇を回すようにします。これを忘れると、カビが生えたりしてあとの掃除が面倒になります。

窓の冷気対策の効果

著者はすぐに効果を感じられました。半身浴をしていても、肩が冷えることはないですし、うっかり湯船でうたた寝をしてしまっても浴槽の下からぬるくなってしまうこともなくなりました。

おわりに

浴室の大きな窓は冬場本当に困りものでしたが、この方法をするようになってあっさり悩みが解消しました。使うものがお風呂マットと突っ張り棒だけなので、取り付け取り外しも簡単です。

取り付けたその日から、効果を実感できるのもうれしいです。同じ悩みをお持ちの方は、一度試してみてください。

(photo by amanaimages)
(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。