\ フォローしてね /

定期保険の応用形!「逓減型(ていげんがた)」と「年金型」の基礎知識

定期保険には、平準型の他に応用形として「逓減型」と「年金型」があるのをご存じですか?

ここでは、保障額が毎年一定の割合で減っていく「逓減型」と、給与と同じように毎月決まった保障額が支払われる「年金型」の2つのタイプの保険をご紹介します。

本記事は、ソニー生命のご協力により、2013年に執筆されたものです。

逓減型定期保険とは

逓減型の定期保険は「経済的な責任が減っていく」人向け

子供の教育費や生活費など、子供が独立するまでにかかる資金の累計額は毎年確実に減っていきます。このように、経済的な責任が軽減されることを見越している場合に有効なのが「逓減型」タイプの定期保険です。

逓減型の保険料は平準型よりも割安

保障が逓減する分、「逓減型」タイプの定期保険は平準型よりも保険料が割安になります。また、加入のタイミングを上手に図ることによって保険料の払い過ぎがなくなります。

年金型定期保険とは

年金型の定期保険は「遺族の安定した生活を求める」人向け

「年金型」タイプは、保険金を一時金としてではなく、年金のように少額ずつ受け取る形式の定期保険なので、安定した生活を求める人に向いています。

年金型は家計管理がしやすい

給与のように毎月の分割でお金を受け取れる「年金型」タイプの定期保険は、収支計画や家計管理がしやすくなっています。また、一時にまとめて受け取るタイプの保険よりも、保険料が割安に設定されています。

おわりに

今回は、定期保険の応用形として「逓減型」と「年金型」をご紹介しました。具体的なマネープランをイメージすることによって、自分がどんな保険を必要としているのかが見えてくるかもしれませんね。

(image by amanaimages)
(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。