\ フォローしてね /

イメージが大切!中学英語の「前置詞」の学び方

日本語の品詞は全部で11ありますが、その中に前置詞という部類はありません。前置詞は、英語学習で初めて耳にする品詞ということで、少しとっつきにくく感じている人も多いかと思います。

しかし、避けては通れない分野ですし、色々使い回しがきくという利点がありますので、ここでは中学で習う代表的な前置詞についてレクチャーさせていただきます。

前置詞の種類と働き

前置詞は、名詞や代名詞などの前に置き、後ろにくる言葉とセットになって副詞や形容詞の働きをします。

種類は、大別して時を表す前置詞と、場所を表す前置詞の2つがあります。それぞれに分けて見ていきましょう。

時を表す前置詞

1:at

時刻を表す語の前につけ、「(~時)に」という意味になります。

  • I usually get up at six.

(私はたいてい6時に起きます。)

2:on

日付や曜日を表す語の前につけ、「(△月△日)に」や「(△曜日)に」という意味になります。

  • He plays tennis on Sunday.

(彼は日曜日にテニスをします。)

3:in

月、季節、年などを表す語の前につけ、「(△月)に」、「(季節)に」、「(△年)に」という意味になります。

  • She was born in 2000.

(彼女は2000年に生まれました。)

4:until

動作や状態の続く期間を表す前置詞で、「~まで(ずっと)」という意味になります。

  • I waited for him until eight.

(私は8時まで彼を待っていました。)

“till”という前置詞も、untilと全く同じ使い方をします。

5:by

動作や状態が完了する期限を表す前置詞で、「~までには」という意味になります。

  • Come home by six.

(6時までには帰宅しなさい。)

6:from

事柄の始まる起点を表す前置詞で、「~から」という意味になります。

  • This store is open from ten to eight.

(このお店は10時から8時まで開いています。)

fromは、場所の起点を表す前置詞としても使います。

7:since

「~から」とfromと同じ訳し方をしますが、現在まで継続している事柄の起点を表し、現在完了形の文で使います。

  • I have lived here since 1990.

(私は1990年からここに住んでいます。)

場所や方向を表す前置詞

1:at

ピンポイントの地点、または比較的狭い場所を表す前置詞で、「(場所)に、(場所)で」という意味になります。

  • I happened to meet Ken at the station.

(私は駅で偶然ケンに出会いました。)

2:in

比較的広い場所や、何かに囲まれた内部を表す前置詞で、「(場所)に、(場所)で」という意味になります。

  • There is a ball in the box.

(箱の中にボールが入っています。)

3:on

物の表面に接していることを表す前置詞です。よく「~の上に」と訳されますが、接してさえいれば位置関係は上でなくても構いません。

  • There is a picture on the wall.

(壁に絵がかかっています。)

4:above

物の表面から離れて上方にあることを表す前置詞です。

  • The plane flew above the mountains.

(飛行機は山々の上を飛んでいきました。)

5:over

この前置詞も「上に」と訳されますが、ある物体に覆いかぶさるように上にある場合に使います。物体に触れていてもいなくても、どちらでも構いません。

  • There is a bridge over the river.

(川の上に橋がかかっています。)

6:under

位置関係が真下にあることを表し、「~の下に」という訳し方をします。

  • The cat is under the table.

(ネコはテーブルの下にいます。)

7:between/among

どちらも「~の間に」という意味ですが、betweenは2つのものの間、amongは3つ以上のものの間を表します。

  • There is a lake between the two mountains.

(2つの山の間に湖があります。)

  • We can see a cottage among the trees.

(木々の間にコテージが見えます。)

8:to/for

toは到着点を表す前置詞で「~へ」と訳し、forは方面を表す前置詞で「~へ向けて」と訳します。

  • I took a train to Ikebukuro.

(私は電車で池袋駅へ行きました。)

  • I took a train for Ikebukuro.

(私は池袋行きの電車に乗りました。)

下のforの文章はあくまで“方面”なので、池袋駅まで行ったとは限りません。

その他

1:about

「何かの周辺を大ざっぱに示す」というのがこの前置詞のイメージで、「約、およそ」とか「~について」という訳し方をします。

  • I have about two hundred books.

(私は約200冊の本を持っています。)

  • Tell me about this book.

(この本について私に教えて下さい。)

2:without

「~なしで」という意味で、後ろには名詞もしくは動名詞が来ます。

  • We can't live without water.

(私たちは水なしで生きることはできません。)

勉強のポイント

前置詞は同じような訳し方をするものが多いので、とにかく核となるイメージを持つことが大切です。記事トップのイラストを参照してほしいのですが、例えばon/above/overは3つとも「上に」と同じように訳される前置詞ですが、それぞれの語のイメージをイラストで掴んでおくと、違いがよく理解できると思います。

おわりに

普段何気なく英文で目にしている前置詞ですが、実は奥の深い世界です。今日からその深い世界を一歩ずつ探っていきませんか。慣れてくると本当に色々な場面で使い回しができて、とっても便利ですよ。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。