\ フォローしてね /

歴史的仮名遣いを現代仮名遣いに直すポイント

はじめに

「歴史的仮名遣い」とは、要するに「昔の仮名遣い」という事です。出題形式はその殆どが「歴史的仮名遣いを現代仮名遣いに直しなさい」というものです。直し方には決まりがあるので、しっかり覚えましょう。

直し方のポイント

ポイント1:「ぢ」「づ」

「ぢ」は「じ」「づ」は「ず」と直します。これは発音が同じですから簡単ですね。

「ぢめん(地面)」→「じめん」 
「めづる(愛づる)」→「めずる」

ポイント2: 「む」

「む」は「ん」と直します。音読すると分かりやすいですが、これも発音はほとんど同じですから簡単です。

「あらむ」→「あらん」 

ポイント3: 「ゐ」「ゑ」「を」

「ゐ」「ゑ」は現代文では使わない文字です。現代では「い」「え」と書きます。

「ゐぬ」→「いぬ」
「こゑ」→「こえ」

「を」は「お」となります。現代文では「を」は語頭には使いませんが、古文では語頭にくる言葉があります。

「をとめ」→「おとめ」
「をかし」→「おかし」
「をかし」は「趣がある」という意味で、古文では頻出単語です。意味も一緒に覚えておきましょう。

ポイント4:「くゎ」「ぐゎ」

これは見かける事は少ないですが、「くゎ」は「か」「ぐゎ」は「が」と直します。

ポイント5: 語頭以外の「はひふへほ」

語頭以外、つまり語句の2文字目以降の「はひふへほ」は「わいうえお」に直します。

「あはれ」→「あわれ」
「言ひて」→「言いて」
「たまへ(給へ)」→「たまえ」
「言ふ」→「言う」
「かほり」→「かおり」 

ポイント6:「ア段の音+う」 「イ段の音+う」 「エ段の音+う」

これが一番分かりにくく、かつ試験で一番出題される所です。順番に例を挙げて見てみましょう。

  • 「ア段の音+う」は「ア段をオ段」に直します。
「さうし(草子)」→「そうし」
「かうべ(頭)」→「こうべ」
  • 「イ段の音+う(ふ)」は「イ段+ゅう」に直します。
「かなしう(悲しう)」→「かなしゅう」
  • 「エ段の音+う(ふ)」は「イ段+ょう」に直します。
「てふてふ」→「ちょうちょう」
「けふ(今日)」→「きょう」
ポイント5の通り、語頭以外の「う」は「ふ」と表記されていることがあります。忘れないようにしましょう。

古文に親しむために

古文が苦手な人ほど、なるべく古文を避けようとしてしまいがちです。現代文と同じですが、一番重要なのは文章に慣れることです。できるだけ多くの古文に触れましょう。

といっても、長々とした古文を読むのは結構苦痛かもしれません。そこで筆者のお勧めは「百人一首」です。1つ1つは短いものですし、「五・七・五・七・七」のリズムがあるので、比較的すんなり頭に入ってきます。訳や解釈文も一緒に読んでいけば、古文の語句や言い回しも学ぶことができます。試験に出題される事も多いので無駄にはなりません。物語を読むのはちょっと…という方は試してみて下さい。

(photo by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。