\ フォローしてね /

一瞬の表情を逃さない!飼い猫の写真をうまく撮るための5つのポイント

このライフレシピのもくじたたむ

飼い猫を写真に収めることは、飼い主にとって楽しみの一つですよね。今回は筆者が実践している飼い猫の写真を上手に撮るポイントを紹介したいと思います。

飼い猫を上手に撮る5つのポイント

カメラはいつも手の届くところに

思わず写真を撮りたくなる猫の可愛い表情やポーズも、手元にカメラが無ければ、せっかくのシャッターチャンスを撮り逃してしまいます。いつも手の届くところに置いて決定的瞬間に備えましょう。

また、いつも猫の目につくところにカメラを置いておくことで、カメラに対する恐怖心がなくなり、リラックスした表情が撮影できます。

猫の目線の高さで

高い位置から撮影するよりも、猫と同じ目線の高さで撮影する方が、猫の表情がよく撮れます。

また、おもちゃを使って猫の気を引くことで、カメラ目線の写真を撮ることもできます。一人での撮影が難しいときは家族に手伝ってもらい、撮影係と気を引く係で役割分担するとよいでしょう。

フラッシュはOFFで

フラッシュをONの状態で撮影をすると、目が光ってしまったり、表情が怖く写ってしまうことがあります。フラッシュの設定をOFFにすることで、自然で柔らかい表情の猫を撮影できます。

また、フラッシュの強い光は、猫のストレスになります。フラッシュの使用は避けた方がいいと思います。

連写機能を使う

筆者が普段使用しているコンパクトデジタルカメラには、連写機能が付いています。愛猫の動きのある瞬間を撮るには、連写機能はとても便利です。

愛猫の行動を観察しよう

あくびの瞬間を撮る場合は、猫の生活パターンを知っていた方が上手く撮影することができます。筆者の飼い猫は、毎日、夕食前の20時頃に目が覚めると、あくびをすることが多いので、この時間にカメラを構えておくと上手く撮ることができます。

猫の生活パターンはそれぞれ違うので、日頃から猫を観察しておくと、撮りたい瞬間を捕らえることができます。

おわりに

写真を撮ることは、大切な飼い猫との時間を記録することでもあります。是非、多くの写真を撮り飼い猫との時間を残していってください。

猫についてもっと知りたいなら、他のnanapiレシピもチェック!

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。