\ フォローしてね /

表情のコツは「目」!漫画キャラクターの表情の描き分ける方法

「目は口程にものを言う」…よく耳にする言葉ですね。人間の本当の感情が表れるのは、実は「目」なのです。つまるところ、この「目」をどう描くかで、キャラクターの感情を大きく描き分ける事が可能です。

今回は、そんな「目」で漫画キャラクターの表情の描き分ける方法を紹介したいと思います。

表情の描き分け方

目元の変化による表情の変化

笑うと大抵の人は、下まぶたが少し上に上がると思います。そのため、笑顔のキャラの下まぶたを描く際は、ほんの少し線を上向きのアーチ状にしてみてください。

感情の起伏具合に応じて、強弱をつけてみてください。どうですか?感情がこもったように見えませんか?

このように、目元をどう描くかで、たとえ口角が上がってない絵でも「このキャラは笑顔だ」と読者に伝えることができます。

伏せ目がちにまぶたを描けば「哀愁」を表現出来ますし、ツリ目がちに描けば「怒り」などを表現出来ます。

瞳の変化による表情の変化

加えて、瞳の大きさや光の入れ方を変えるだけでも、そのキャラの心情を大きく描き分けることが出来ると思います。例えば、

  • 絶望…光(ハイライト)を描き込まずに、影を意識する
  • 驚愕…瞳を小さく描き、白目がちにする
  • 歓喜…光を多めに描き、キラキラ感を出す

などなど、様々な描き分け方があると思います。

目の形状による表情の変化

また、キャラクターの外見の違いが色々あるように、目にも「タレ目」「つり目」のような様々な形状があると思います。

この目の形状の特徴を大切にしつつ、喜怒哀楽を表現することは少し難しいですが、沢山の表情を描いてみて、自分なりの表現を見つけるようにしてみてください。

目に大きく関わるパーツである「まゆげの描き方」も大切ですが、まゆげだけで表現しようとせず、目や瞳でも変化をつけられるように意識してみてください。

その他のポイント・コツ

目以外での表情変化も意識する

目で感情を描き分ける事が出来れば、ストーリーの表現力がぐんとアップするはずです。そこに、笑った口元を描き加えれば、本当に楽しい一面になるでしょう。また、涙を加えれば、より悲しみを表現できるでしょう。

上記はあくまでも個人的な一例なので、あなたなりの独自の表現方法も模索してみましょう。

好きな作家の描き分けを研究する

好きな作家の描き分けを研究するのも大事なことです。表情に限らず、とにかく量をこなすことも、絵の上達にはとても大切な事です。

おわりに

いかがでしたか?今回の記事を参考にして、素敵な絵を生み出せていけるといいですね。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。