\ フォローしてね /

あくびを目立たずに止める5つの方法

なぜあくびが出るの?

眠たい時や退屈な時など人は思わず大口を開けてあくびをしてしまいます。でも実はその原因や意義などメカニズムはきちんと解明されていないようです。諸説ありますが酸素を吸う事によりそれを補給した血液が脳に行き、脳を活性化されるというのが一般的な説です。

あくびはマナー違反?

あなたがもし真剣な話をしている時に目の前で相手があくびをしていたらどう感じますか?無礼や失礼または「退屈なのか」「飽きたのか」と相手が不快に思うこともありましょう。家族、友人はともかく相手が他人や仕事の場であればもってのほかです。

しかしながらあくびは生理現象です。強烈な眠気が伴うと我慢出来なくなってしまう事もありますね。その葛藤の中で役立つ5つの方法を紹介します。

1:あくびが出る前に大きく深呼吸をする

これであくびの元凶となる無意識にする呼吸をする前に新鮮な空気を吸ってしまうという方法です。これから大事な場面!という前に大きく体全体で深呼吸して準備しましょう。大きく呼吸する事で新鮮な空気をたくさん血中に取り入れられ、より多くの酸素を脳に取り入れることができると思われます。

2:飲み物を飲む

炭酸や栄養ドリンクといった、シュワッとした刺激で覚醒します。眠気から来るあくびにはコーヒー、コーラ等カフェインを含んだものを飲むこともおすすめです。すぐに実践でき、飲み物を持ち込める会議などの場にはおすすめの方法です。

3:出そうになったら上唇を舐める

これは江戸時代の書物にも記載されている伝統的な方法です。あくびが出そうになったら上唇を舌で左右になぞるように舐めます。口を開いたままやると見栄えが悪いので口を閉じ気味でやりましょう。頷くなど相手に同調する仕草中に一瞬ででき、かつ目立ちません。

4:下唇を噛む

これで少し覚醒します。上唇で覆うようにして歯を出さず強めに噛みます。こちらも相手に同調する仕草をしながらできます。

5:口をすぼめて深く息を吸う

これは思わず出てしまった時に咄嗟に口をすぼめても有効だと思います。普通の表情を保ったまま口を小さくあけ、蛸の口のように息を吸い込みます。思わず出掛かった時にそのまま上記のように呼吸してごまかせます。

おわりに

あくびの原因は睡眠不足や眠気が1番大きな要因だと思います。大切な場面の前には十分な睡眠と休憩を取るようにしましょう。

また過度のあくびは病気のサインとも言われる事もあります。悩まれている方はお医者さんに相談しましょう。

(photo by amanaimages)
(photo by amanaimages)
(photo by amanaimages)
(photo by amanaimages)
(photo by amanaimages)
(photo by amanaimages)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。