1. 趣味
    2. 初心者向け!株式の投資資金の考え方

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    初心者向け!株式の投資資金の考え方

    ここでは投資資金についての考え方を説明します。

    本記事は、やさしい株のはじめ方のご協力により、2013年に執筆されたものです。

    株式投資はいくらからはじめるべき?

    理想をいうなら、投資資金は100万円くらいあるといいと思います。

    ここで「今はまだお金が貯まっていないから、まだ株に興味を持たない」というスタンスをとってしまうのはよくありません。

    投資資金が増えたときのためにも、少額からでも投資をはじめることは大切です。

    現在は、10万円以下で買える株も増えていますし、ミニ株(通常の10分の1)で株式投資を体験することもできます。少額であれば、損をしたときの金額も抑えられるので、初心者には都合がよいといえるでしょう。

    保有資産のどれくらいを株式投資に回していいの?

    株式投資に回す資産の割合は、一概に、○○割がいいとは言えません。

    それぞれの生活に合った金額を株式投資に回すのがよいでしょう。

    例えば、独身で年も若い方ならば、大きなリスクを取ることができるので株式で保有する割合を増やしてもよいでしょう。ご年配の方であれば、老後資金の運用ですから、あまり大きなリスクは取らないほうがよいと思います。

    (100-年齢)%×資産をリスク商品に回してもよいという考えもあります。

    ・20歳の方で100万円持っている場合 (100-20)%×100万円=80万円
    ・50歳の方で100万円持っている場合 (100-50)%×100万円=50万円

    おわりに

    無理のない範囲で投資をはじめてみてください。

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人