1. 料理
    2. 塩茹でする野菜としない野菜の特徴と効果

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    塩茹でする野菜としない野菜の特徴と効果

    何気なく茹でている野菜。塩を入れて茹でるのには理由があります!

    ここでは著者の経験を踏まえ、塩を入れて茹でた野菜の効果をご紹介します。

    塩を入れて茹でる野菜

    色の濃い野菜(緑黄色野菜)は塩を入れて茹でると、おいしく仕上がると同時に野菜の色が映えます。

    ほうれん草、枝豆、インゲン豆、とうもろこし、ブロッコリーなどは、お湯の約1~2%程度の塩を入れて茹でます。

    目安はお湯1リットルに小さじ2杯の塩です。
    枝豆は多めの塩(大さじ1程度)を入れた方がおいしいです。

    効果

    色鮮やかにする

    茹でた後の変色を防いで、色鮮やかに仕上がります。

    やわらかい仕上がりに

    塩の浸透効果により、野菜がやわらかく仕上がります。

    青菜の緑色を安定させる

    野菜の緑色(クロロフィル)を塩(ナトリウム)によって安定させる効果があります。塩を入れずに茹でて放置していると、茶色っぽく変色してしまいます。

    塩を入れて茹でない野菜

    煮崩れしやすくなるものは塩を入れて茹でてはいけません。

    じゃがいも、里芋などの芋類等は、塩によって柔らかくなってしまうため、煮崩れしやすくなります。

    ただし、芋類のとろみを生かした料理(スープなど)を作る際には向いていると思います。

    おわりに

    塩を入れて茹でるちょっとした手間が、お料理が上手くなるポイントです!

    (photo by 足成)
    (photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人