\ フォローしてね /

外貨で資産運用しよう!外貨MMFのはじめかた

このライフレシピのもくじたたむ

ここでは「外貨MMF」について解説していきます。

本記事は、やさしい株のはじめ方のご協力により、2013年に執筆されたものです。

外貨MMFのはじめかた

外貨MMFとは

円を外国のお金(ドルやユーロなど)に両替して、安全性の高い債券(国債や社債)で運用する投資信託を表します。

格付けが高く、安全性の高い債券で運用しますので、信用リスクという意味ではローリスクの投資となります。外貨預金と比べて、

  • 金利が高い
  • 為替手数料が安い
  • 税金がかからない(為替差益)

など有利な点が多いのも特徴です。

株を売買するのと同じように、証券会社を通して買うことができます。

外貨MMFの特徴

  • 外国の安全性の高い債券(国債や社債)で運用されます。
  • 外貨普通預金より高金利である場合が多いです。
  • 購入時より円安になった場合、為替レートの動きで利益が得られます。
  • 為替レートの動きによる利益(為替差益)の税金は非課税となります。
  • 1万円くらいから投資ができます。(楽天証券のみ1000円前後)
  • 両替する時にかかるコスト、為替手数料が中ぐらいの傾向にあります。
  • 証券会社の資産とは分別管理しているので、倒産しても影響ありません。

外貨MMFができる証券会社を比較

楽天証券がより多くの通貨を取り扱っています(全部で6通貨)。マネックス証券は、米ドルの利回りが高い点が有利です。

通貨 楽天証券 マネックス証券 SBI証券
米ドル 0.007%/0.25円 0.182%/0.25円 0.182%/0.25円
ユーロ 0.542%/0.5円 0.552%/0.5円 0.542%/0.8円
豪ドル(オーストラリア) 4.067%/0.7円 4.056%/0.7円 4.067%/1円
カナダドル(カナダ) 0.599%/0.8円   0.599%/0.8円
NZドル(ニュージーランド) 2.174%/0.7円   2.174%/1円
南アランド(南アフリカ) 4.296%/0.3円   4.296%/0.5円
左:外貨MMFの金利、右:片道の為替手数料 
(2011年11月11日現在)

外貨預金と外貨MMFの商品性を比較

  • 金利が高い
  • 為替手数料が安い
  • 為替差益が非課税
  • 少額から投資可能
  • 分別管理による資産保全

など、外貨預金にくらべて外貨MMFは使いやすい商品です。

おわりに

FX(外国為替証拠金取引)のほうが、もっとすぐれている点があったりもします。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。