\ フォローしてね /

塩をふって焼くだけ!ブリの塩焼きの方法

塩焼きとは魚に塩をふって焼く、シンプルな料理です。魚を焼いたものは「焼き魚」と総称することがありますが、味によって「塩焼き」「照り焼き」「西京焼き」と分けたり、串にさしたものを「串焼き」と呼んだりします。

ブリ料理についてもっと知りたい!ブリのおいしい食べ方についてはこちらもチェック!
冬のブリ大根は絶品!美味しいブリの選び方

用意するもの

  • ぶりの切り身
  • サラダ油
  • クッキングペーパー

ぶりの塩焼きの作り方

1:水気をとる

ぶりはクッキングペーパーなどで包んで水気をとります。

生臭さが気になる場合は、下ごしらえ用の塩をふって30分ほどおいてから、水気をとってください

2:塩をふる

ぶり全体に軽く塩をふります。

3:焼く

フライパンに油を敷いて焼きます。3~4分で色が変わって焼き目がついたら裏返してさらに4~5分焼きます。

脂ののったブリの場合、油の量は少なめでOKです。

完成!

完成です。フライパンでなくグリルで焼くこともできます。大根おろしなどと合わせてお召し上がりください。

おわりに

塩焼きは場合によっては魚の下処理が必要ですが、基本的に塩をふって焼くだけです。簡単で美味しいので、ぜひ試してみてください。

(photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。