1. 暮らし
    2. 洗面室の考え方と設備の選び方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    洗面室の考え方と設備の選び方

    皆さんが、朝に目覚めたらまず向かうところは洗面室ですよね。毎朝使う場所だからこそ、きちんと検討したいものです。

    ここでは、洗面スペースの考え方や設備機器の選び方を紹介します。

    家族構成や設置場所、プランなどを考慮し、まず「洗面ペースに何を求めるのか」を整理することが大切です。

    本記事は、OZONE家designのご協力により、2013年に執筆されたものです。

    洗面器

    洗面器には次のタイプがあります。

    • カウンター一体型
    • アンダーカウンター型
    • オーバーカウンター型

    カウンター一体型の材質は、人工大理石が主流です。

    アンダーカウンター型やオーバーカウンター型では、メンテナンスや耐久性に優れた陶器製のものが一搬的ですが、なかには金属製やガラス製の洗面器もあります。

    洗面台のカウンタートップ

    カウンタートップとは?

    カウンタートップとは、顔を洗うスペース以外にある作業台を指します。

    素材の種類

    カウンターの素材はいくつか種類があり、選択の幅が広がっています。

    • メラミン系
    • 人工大理石
    • 集成材
    • 天然石
    • タイル張り

    人工大理石はアクリル樹脂等を主成分とした素材で、キッチンのカウンターで広く使われているものです。それと似た名前で人造大理石(テラゾー)という素材もあり、こちらは細かく砕いた天然の大理石を成型したもので、最近その良さが再認識されています。

    素材の選択のポイント

    選択のポイントとしては、まず第一に耐水性を重視してください。

    家族全員が入れ替わり使用する場なので、常に清潔に保つよう、掃除の容易さも考慮します。

    メラミン系、人工大理石、天然石などが適しています。

    天然石は「値段が高い」「ガラスびん等を落とした際に割れてしまう」などの欠点がありますので、注意してください。

    パウダールームとして

    洗面室でお化粧をする習慣の女性は多く、パウダールームとして使えるような機能をプラスすると便利です。

    しかし、朝などの利用時間が重なるときに、家族の1人が洗面室を専有してしまう不都合もあり、なかなか実現できないのが現状です。

    そこで、狭くなりがちな洗面スペースに十分な広さを確保して、二人で同時使用できるように計画してみてはいかがでしょうか。

    具体的なプラン

    ・カウンターには、丸椅子を置けるようにして、使わないときはカウンタ一の下に収納します。

    ・座ったときにひざが入るよう、カウンターの下の引き出しは1段程度とします。

    ・化粧をしながら本当の色味が分かるように、可能であれば採光を取り入れることも必要です。

    ・埋め込み洗面器のカウンターは奥行き60cmもあるので、顔と鏡の距離が遠くなり、ひげそりや近眼の人のメイクアップには不向きです。奥行き40cmくらいの化粧用カウンターを併せて設置すれば、化粧と洗面の人が同時に使用できるので、余裕のある場合は検討してみましよう。

    その他の設備

    床暖房

    裸に近い状態でいる洗面スペースの暖房は、まずは安全性が第一です。床暖房は安全性の面で優れているといえます。

    また、室内の温度ムラがないことから、快適牲の面でも申し分ないでしょう。

    立ち上がりに時間がかかるため、24時間運転させなければならず、コストがかかります。

    足元暖房

    洗面室は脱衣所を兼ねていることが多いですが、 脱衣時のみの暖房で十分です。必要なときに素早く暖まる温風式が適しているといえます。

    温風式の足元暖房は、即熱性もあり、コンパクトタイプのものがほとんどなので、安全性も高く、おすすめです。

    足で押すフットスイッチや切り忘れ防止タイマー付き、防滴構造のものも出ています。

    おわりに

    ここでは、洗面スペースについてご紹介しました。

    家族みんなで洗面室を快適に使うためにも、ぜひ一度考えてみてくださいね。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人