\ フォローしてね /

ワインの基礎知識!料理にあったワインの選び方~マリアージュ~

ワインのマリアージュ(料理との組み合わせ)についてご紹介します。ワインは種類ごとに味や特徴がまちまちです。それぞれ料理にも相性があり、それを間違えてしまうとワインも料理も台無しになってしまいます。どのような相性があるのでしょうか見てみましょう。

渋めの赤ワイン

渋めの赤ワインには一般的に知られているように肉料理が合います。例えば牛肉のステーキだったり、ビーフシチューなどです。渋めの赤ワインはタンニンが強くどっしりとした味わいなので軽い料理だと赤ワインに負けてしまいます。そのため赤ワインにまけないどっしりとした料理が一般的に合うと言われています。

酸味の効いた赤ワイン

酸味の効いた赤ワインには同じく軽めのさっぱりした和食などの料理や生肉、カルパッチョのようなあっさりとした辛い食品が合います。赤ワインといえどもタンニンもそこまで強くないので、重たい料理と合わせるよりもあっさりとした料理と合わせた方が良いとされています。

辛口の白ワイン

辛口の白ワインに合う料理は幅広く、主に魚料理が合うと知られていますが、フランス料理(魚料理)や和食全般、それに中華料理にも合うと言われています。魚料理だけでなく中華料理のような油をたくさん使った料理に合うのはなぜか、それは辛口の白ワインのはっきりとした酸味が魚の脂や中華の油の重みをしっかりとカットし、口の感覚をはっきりさせると言われています。

甘口の白ワイン

甘い白ワインに合う料理として知られているのがカレー料理です。なぜ甘い白ワインにスパイスの効いたカレー料理が合うかというと、ワインの甘味には刺激的な香辛料のスパイスを和らげる効果があるようだと言われているからです。また、そのほかにも料理の甘みを引き立てる役割もするのでデザートにも合います。

辛口のロゼワイン

辛いロゼワインを食事の際に選ぶ理由としては、だいたいどの料理にも合うし、お手頃だからというのが多いでしょう。辛口のロゼの場合は中華料理と合います。理由の一つとして辛口の白ワインと同じく、酸味が油っぽさをすっきりさせるから、もう一つは魚や肉、野菜など様々な食材をいくつもの味付けで提供する中華料理に対して、料理に合わせて白や赤を何度も変えて注文するよりもどの味とも喧嘩しないロゼを選んだ方が良いようです。

甘口のロゼワイン

甘いロゼワインに合うのはさっぱりとしたサラダや野菜を使ったピザやパスタです。強すぎない程よい酸味が野菜の旨みをさらに引き立てます。また、非常に飲みやすく、さっぱりとしたものならいろいろな料理に合うのでワインを初めて飲む人には飲みやすいと思います。

おわりに

以上いろいろな種類の味わいのワインに合う料理を紹介しましたがどの種類のワインにも合うとされているのがチーズです。もし上記に自分の好きな料理があったらそれに合わせてワインを選んでみるのも良いかもしれませんね!

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。