1. 趣味
    2. バスフィッシングにおけるブラックバスと外道の釣り方の違い

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    バスフィッシングにおけるブラックバスと外道の釣り方の違い

    筆者の釣りの対象魚はブラックバスですが、ブラックバスを狙っていても異なる魚が釣れることがあります。そういった狙った獲物以外の魚は「外道」と呼ばれ、ハズレ扱いされ嫌われる場合が多いのですが、何も釣れない時は、そんな外道を狙う機会も出てきます。

    今回は、ブラックバスと外道魚の釣り方やルアーへの食いつき方、その後のファイトの違いについて紹介していきたいと思います。

    ブラックバス

    筆者がメインターゲットとしている魚です。水面、水中、底とあらゆるエリアで釣ることができるスポーツフィッシングの代表格です。一般的に大きさは20cm~60cm程で、40cmを超えると女性の力では釣り上げるのが困難なほどの激しいファイトが魅力です。

    冬場、水温が下がると活性が下がり、ルアーに関心を示さなくなるので、釣ることが困難になります。

    アタリ・ファイト

    アタリは「ゴツン」と力強く、体力もあるのでファイトも大変激しく、底へ潜るだけでなく左右へ走ったり、水面を飛び跳ねたりもします。

    釣り上げるコツ

    30cm以上になると竿にぶらさげて釣り上げるには重すぎます。魚の口の中へ親指を入れて人差し指とで下顎をつかみ釣り上げましょう。

    初心者の場合は網を用意しておくと大きい魚が釣れても安心です。また網がなくても、大きい魚を前に途方に暮れていると、周辺にいる釣り人が助けてくれるシーンも多くあります。

    ブルーギル

    好奇心旺盛でルアーに猛烈にアタックしてきますが、口が非常に小さいので小さい釣り針やルアーを使用するなどの工夫が必要です。一般的な大きさは10cm~25cm程です。

    冬でもそれほど活性は下がらないので釣ることは可能です。ブラックバスの釣れない時期の暇つぶしとしては良いかもしれません。

    アタリ・ファイト

    アタリは「ビビっ、ビビビビン」と小刻みで激しいですが、体力がなく、あっという間に抗うのを止めてしまうので、ブラックバスと比較して、ファイトのおもしろ味に欠けます。

    釣り上げるコツ

    重量はさほどないので、竿にぶらさげたまま釣り上げてしまいましょう。

    ナマズ

    ここで紹介する魚の中では唯一の夜行性の魚です。真夜中、水面をちゃぱちゃぱと音を立てるようなルアーで誘うと、ドシャーンと水面を割って食いついてくるような、暗闇での音の釣りを楽しむことができます。一般的な大きさは40cm~100cm程です。

    アタリ・ファイト

    アタリは「どすーん」と重く、その後のファイトでは下へ下へと潜っていこうとするのが特徴です。釣り上げる際はブラックバスと同様に下顎を指で掴んで釣り上げます。

    釣り上げるコツ

    非常に目が悪く捕食が下手なのがナマズの特徴です。上記で紹介した夜釣りをしていても、「バシャーン・・・。バシャーン」と何度も食い損なうことも珍しくありません。

    釣り上げるためには、「ばしゃーん!」と食いついてきても慌てずに、ルアーを止めて待ってやるくらいの余裕が必要です。

    ライギョ

    えら呼吸ではなく肺呼吸なので水面に出て呼吸するのが特徴です。水面一体にハスの葉がびっしりと生えているような池で、草の上をつるつるつるーっとルアーを引いてやると、息継ぎの途中で食いついてきたりします。一般的な大きさは30cm~80cm程です。

    アタリ・ファイト

    アタリやファイトには、長い体を利用してとにかく派手に大暴れするのが特徴です。また歯が非常に鋭いので、絶対に口に指をいれてはいけません。釣り上げる際は網を使用して、針を外す際もペンチを利用するなど、取り扱いには注意が必要です。

    網がない等で釣り上げられない場合は、魚を水面に残したままペンチで針を外してしまいましょう。

    釣り上げるコツ

    ハスの葉の密集したところへ潜られてしまうと釣り上げることは出来ません。タコ糸のように太い糸と、力強い竿で潜られる前に引っ張り出してやりましょう。

    おわりに

    ブラックバスと、その他の外道魚の釣り方と特徴を紹介しました。本命を狙っていて外道が釣れることや、またその反対などもあるので、釣り方として覚えておいて損はないと思います。

    (photo by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人