\ フォローしてね /

紙パックがまな板に大変身!捨てる前に知りたい生活の裏ワザ

著者はほとんどまな板を使いません。牛乳やジュースの紙パックを利用しています。今回は、紙パックをまな板代わりに再利用する方法を紹介します。

必要なもの

  • 紙パック 飲み終わった分を好きなだけ
  • キッチンハサミ 1本

紙パック再利用の方法

STEP1:口を開いて洗う

中身を飲み終えたら紙パックの口を開き、中を良く洗います。飲むヨーグルトなど粘性の高い飲料の場合、底に汚れがたまっている場合があるので、しっかり洗いましょう。

STEP2:逆さにして乾かす

紙パックを逆さまにして、乾かします。

STEP3:側面から切り開く

側面のつなぎめの部分をキッチンハサミで底へ向かって切っていきます。

つなぎめ以外の部分をカットすると、調理時に段差が大きくなり切りにくい場合があるので注意します。

STEP4:底面を切る

底面を3か所切ります。

上の画像のように切り開いたらOKです。もしも邪魔だったら底辺部分は切り落としてもいいです。

完成!

毎日の調理にお使いください。

保存

著者はキッチンの引き出しに立てて保存しています。底面部分を切り落としてしまえば、もっとたくさん収納が可能です。

この裏ワザの便利なポイント

以前は普通のまな板を使っていたのですが、どんなに清潔にしようと心がけても、傷に食材の色が入りこんだりして、次第に汚らしい感じになってしまいます。

まな板は面積が比較的大きいため、漂白剤などを利用するのも案外面倒。その点、紙パックを切り開いたものは少々汚れたら惜しみなく取り換えることが可能です。

普段、野菜などを切った時はさっと洗い流し、乾かして何度か再利用しています。著者は洗剤を使わないようにしています。切り口に入り込むのが心配だからです。

肉や魚の調理に使用した場合は水気を切って燃えるゴミに捨ててしまえばいいので、とっても楽ちんですよ。

おわりに

牛乳パックなどをまな板代わりにするのは有名な話だと思っていたのですが、周囲の人に話すと案外実践している人はいないものなので紹介してみました。

おそらく洗って切り開く作業が面倒なのだと思います。が、実際にやってみるとまな板を管理することの方がよほど面倒だった気がします。

今回の記事がお役に立てば幸いです。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。