\ フォローしてね /

脂っぽくないチンジャオロースを作る方法

冷蔵庫にピーマンがたくさんあるけれど胃腸の調子が悪いからあぶらっこいチンジャオロースは食べたくないなあ、というときにおすすめの、おなかにやさしいレシピです。

材料(2人分)

  • ピーマン:4個
  • じゃがいも:2個
  • 豚もも肉:3切れ
  • 酒:小さじ1杯
  • しょうゆ:大さじ1杯
  • みそ:大さじ1杯
  • はちみつ:大さじ1杯
  • ほんだし:小さじ半分
  • 片栗粉:小さじ1杯

作り方(調理時間:20分)

STEP1:ピーマンを切る

ピーマンを洗ってまな板の上にのせ、縦半分に包丁で切ります。

縦半分に切ったら中の種を取ります。

種の部分を指でつかんで静かに引いて取り去ります。

ピーマンの種を取ることができました。

まな板に種を取ったピーマンを置きます。

手でピーマンを押しつぶして切りやすいように平らにします。

このように平らになりました。

平らに押しつぶしたピーマンをはじの方から2~3ミリ幅に切ります。

このようになります。

同様に残りのピーマンを切って器に移しておきます。

STEP2:じゃがいもを切る

じゃがいもは皮をむき、芽を取ってまな板の上に置きます。

端の方から1センチくらいの厚さに切ります。

このようになります。

さらに1センチ幅になるように切っていきます。

すべて1センチ幅に切り分けます。

器に切ったじゃがいもを移し、カップ1杯の水を入れて浸けておきます。

STEP3:肉を切って、酒をもみこみます

豚もも肉を三枚まな板の上にのせます。

豚もも肉を重ねます。

幅3センチくらいに切り分けます。

このようになります。

3センチ幅に切り分けた豚もも肉を千切りにします。

豚もも肉の端から3ミリくらいの幅に切ります。

このようになります。

豚肉をお皿にのせます。

お酒小さじ1杯を豚もも肉にかけて、手でもみこみます。

STEP4:材料を下茹でする

フライパンに水カップ2杯と塩小さじ1杯を入れます。

じゃがいもの水気を切って、フライパンに入れ、強火にかけます。

沸騰したら弱火で3分茹でます。

弱火で3分茹でたら、おはしでじゃがいもを刺してみて、少し固めに茹で上がっていることを確認します。

かなり固いようでしたら、もう少し茹でてみてください。

じゃがいもが固めに茹で上がったら、中火にして、豚もも肉を入れます。

おはしでぐるぐるっとかきまぜます。

1分ほどかきまぜていると、肉に火が通って白くなります。

肉に火が通って白くなり、お湯が沸騰してきたら、ピーマンを入れます。

おはしでかきまぜたら、すぐにザルにあげます。

ざるにあげてお湯を切ります。

余熱で火が通りますので、ピーマンはゆですぎないようにしましょう。

STEP5:フライパンで調味料を合わせる

フライパンにカップ1杯の水としょうゆ大さじ1杯、味噌大さじ1杯、はちみつ大さじ1杯、ほんだし小さじ半分を入れて中火にかけて、沸騰させます。

おわんなどの器に片栗粉小さじ1杯と水小さじ1杯を入れます。

片栗粉と水を混ぜ合わせます。

沸騰しているフライパンの合わせ調味料をかき混ぜながら、片栗粉と水を混ぜ合わせたものをお好みの固さになるまで少しずつ入れます。

好みの固さになったら味見をします。

味付けが薄いようでしたらしょうゆを、濃いようでしたら水を加えて混ぜてみてください。

好みのとろみと味付けになったら、ザルにあげておいたピーマン・じゃがいも・豚ももをフライパンに入れます。

おはしなどで、底の方からざっとかきまぜて、調味料のあんをからめます。

STEP6:お皿に盛り付けて完成!

調味料がからまったら、お皿に盛り付けて完成です。

上手に作るためのポイント

材料を下茹でするときに、豚もも肉にはしっかり火を通すこと、ピーマンはさっと茹でることがポイントです。

さいごに

油や刺激の強いスパイス、固い食材を使用していませんので、胃腸が弱っているときや、ダイエット中にも最適な、あっさりしたチンジャオロースです。ぜひお試しください。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。