\ フォローしてね /

FXの順張り・逆張りのコツ

ここではFX取引においての基本的な考え方である「順張り・逆張り」について説明します。

本記事は、YJFX!のご協力により、2013年に執筆されたものです。

順張り・逆張りとは

順張りとは、相場の方向に沿って売買をする方法の事で、逆張りとは相場の方向と逆に向って売買をする事です。

例えば、ドル円で、相場が円安に振れだしてきて上昇傾向にある場合、その流れ(トレンド)に乗って買いの注文を出す事を『順張り』といいます。

また、相場が円高へ進行中に、「円安に転換するだろう」という希望的観測の元で買いを入れる事を『逆張り』といいます。

メリット・デメリット

順張り

メリットは、相場の方向を確認してから売買するので、確実性は高いといわれています。

デメリットは、ポジションを持つタイミングに出遅れ感があり、高値近辺での買いや、底値近辺での売りとなってしまう事があります。

逆張り

メリットは、底値で買えたり、高値で売れたりする可能性がありますので、大きな利幅が狙えるといわれています。

デメリットは、直近の相場に逆行した売買の為、更なる逆行の可能性が高いといわれています。

コツ

一般的に、トレンド相場には順張り、レンジ相場には逆張りといわれています。相場展開に逆らわない事がコツかもしれません。

おわりに

順張り・逆張りはどちらの手法が優れていると言う訳ではありません。

トレンド相場やレンジ相場は、継続し続ける事はなく、必ず違う流れが発生するものです。順張り・逆張りのどちらの戦略でも、ストップロスを忘れずに状況に合わせて使い分けられるようにしておきましょう。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。