\ フォローしてね /

なぜ用意するの?正月飾りの種類と意味

11月に入り、そろそろ1年も終わりの気配になってきました。年末には、正月飾りを飾って、新しい年が来るのを待ちますが、何のために正月飾りを用意するのかご存知ですか?

せっかくの晴れの日を迎えるための正月飾りです。それぞれの意味や由来を知って、より楽しく祝えるお正月にしたいですよね。意味を知っていると、目に入るだけでより華やかを感じることもできると思います。

この記事では、正月飾りの基礎知識について、紹介します。

「しめ飾り」「門松」「鏡餅」正月飾りの意味とは?

しめ飾り

正月には、しめ飾りを門や玄関に飾りますよね。まず、しめ縄は、神様にふさわしい神聖な場所であることを示す意味があります。しめ飾りは、神様が占(し)める場所をしめ縄で作っているということですね。つまり、年神様をお迎えする目印です。

きれいに飾ることで、神様が迷わず、家に来てくれるようになりますよ。

また、不浄なものが入らないように、結界のつとめも果たしています。古い年の災いを閉め出す意味もあり、周囲のけがれを断つために使われてきました。

門松

門松は、年神様が家に降りてくるときの目印です。昔は、松などの常緑樹には、神様が宿ると信じられていました。同じように、門松にも神様が宿り、安息所として飾る意味があります。

神様を数えるときに、1人、2人ではなく、一柱、二柱と数えるのもここから来ています。

鏡餅

鏡餅は、年神様を迎え入れたときのお供え物です。鏡餅には年神様の御魂(みたま)が宿ると言われていて、その御魂を体に取り込むため、雑煮として頂くのです。また、もちは長く伸びて切れないことから、長寿を願う意味もあります。

大小2段で重なっているのは、陰と陽を表していて、円満に年を重ねるという意味も込められているそうです。
  • 鏡開き

鏡開きは、正月に備えた鏡餅を下げて、雑煮や汁粉に入れて食べる行事です。1月11日にするのが一般的です。刃物で切るのは切腹を思わせ、縁起が悪いので、手や木槌で割るようにします。

間違えないで!正月飾りを飾る時期

12月13日「正月事始め」以降に飾ります。一般的に、26~30日に飾る人が多いようです。29日は9(苦)がつき、31日は一夜飾り(葬式と同じ)と言われて、この日を避けて飾ります。

年神様がいる間の1月7日(松の内)までに飾りを外すのが一般的です。地域によって、日にちが違って、4日や15日などの地域もあります。町に長く住んでいらっしゃる方に確認をしましょう。

知識を持って正月飾りを扱ってみましょう!

以上、正月飾りの基礎知識でした。特に、意味合いを覚える必要はないかもしれませんが、一つ一つひも解いていくと、大切な意味が込められているのがわかりますね。

ただ、飾りを飾る時期はできるだけ守るのをオススメします。きれいに飾って、晴れやかな気持ちで正月を迎えましょう。

Twitterで紹介!

(image by amanaimages 1 2 3 4)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。