1. 趣味
    2. 子供と一緒に作って楽しめる「鯉のぼり」折り紙の折り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    子供と一緒に作って楽しめる「鯉のぼり」折り紙の折り方

    このライフレシピのもくじたたむ

    子どもの健やかな成長を願う行事であるこどもの日。みなさんはどのように過ごしていますか?最近では「鯉のぼりを揚げるのも一苦労だし…」と消極的になっている家庭も増えています。

    しかし、子どもと思い出を作れるせっかくの機会なので、今回我が家では子供と一緒に折り紙で鯉のぼりを作って楽しみました。

    折り紙で楽しむ

    我が家の長男はまだ2歳半で折り紙を折ることはまだまだできませんが、一緒に楽しむことができました。子ども自身も完成した鯉のぼりを手にもってとても喜んでいました。その後は玄関やお部屋に飾ることもできます。

    子供とできるとっても簡単な鯉のぼりの折り紙を紹介したいと思います。

    材料

    • 折り紙好きな色
    • 広告などの大きめの紙(鯉のぼりのポール部分に使用)
    • のりまたはボンド
    • ハサミ
    • ペン

    作り方

    STEP1:折り線に沿って四隅を中心に向かって折る

    まず始めに風車を作ります。折り線に沿って四隅を中心に向かって折ります。

    STEP2:さらに折り線に沿って四隅を中心に向かって折る

    裏返します。さらに同じように点線に沿って四隅を中心に向かって折ります。

    STEP3:丸形に切った折り紙を中心に貼り付ける

    丸形に切った折り紙を中心に貼り付けます。

    STEP4:裏返して四隅を中に折り込む

    裏返して四隅を中に折り込みます。

    STEP5:端を3分の1ほど折る

    次に鯉のぼりを折ります。写真のように端を3分の1ほど折ります。

    STEP6:反対側も同様に折る

    反対側も同じように重なるように折り重ねます。

    STEP7:両端を裏がわに向けて山折り

    両端を裏がわに向けて山折りします。

    STEP8:ポール部分の作成

    最後にポールとなる部分を作ります。広告用紙など折り紙よりも大きい紙をくるくると丸めます。これで完成です。

    STEP9:鯉のぼりに思い思いの絵柄を書き込む

    あとは鯉のぼりに思い思いの絵柄を書き込んで下さい。ポールに風車と鯉のぼりをボンドで貼り付けて完成です。

    おわりに

    こどもの日の過ごし方として、子供と一緒に作業をして楽しむことを是非チャレンジしてみて下さいね。子供にとってママと楽しむ時間はとっても嬉しい時間だと思います。

    こどもの日は子供にとって特別な日です。楽しい1日が過ごせるよう工夫して、思い出に残る1日となると良いですね。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人