1. 料理
    2. 野菜たっぷりトマトソース!カボチャのニョッキの作り方

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    野菜たっぷりトマトソース!カボチャのニョッキの作り方

    めんどくさそうに見えて意外と簡単に作れるのがニョッキです。今回はカボチャを使ってニョッキを作り、トマトソースと絡めてみました。

    材料(2人分)

    • カボチャ:1/8個(皮を剝いて185g)
    • 小麦粉:60g
    • 塩:少々
    • 粉チーズ:大さじ2
    • タマネギ:1/2個
    • ニンジン:1/4本
    • トマト:1個
    • ニンニク:1かけ
    • 鷹の爪:1本
    • 赤ワイン:大さじ2
    • クレイジーソルト:適量
    • ブラックペッパー:適量
    • クミンシード:小さじ1
    • オリーブオイル:小さじ2
    • 水:100cc

    作り方(調理時間:60分)

    STEP1:野菜を切る

    タマネギ、ニンジン、ニンニクはみじん切り、トマトはざく切り、カボチャは皮を剝いて適当な大きさに切ります。

    カボチャはこの後レンジで温め潰しますので自分の潰しやすい大きさに切ればいいです。
    筆者は皮を剝いてからレンジしましたが、固いので苦手・・・という場合には温めてから剝いてください。

    STEP2:カボチャをレンジで温める

    耐熱の容器にカボチャを入れ、ラップをして500wのレンジで7分間温めます。

    レンジによっては出来上がりまでの時間が変わると思いますので7分は目安にし、竹串がすっと刺さるぐらいまで温めるようにしてください。

    STEP3:カボチャを潰す

    柔らかくなったカボチャを潰します。

    STEP4:小麦粉、粉チーズを入れて混ぜる

    カボチャが潰せたら小麦粉、粉チーズ、塩(3〜4振り)を入れます。

    最初は木べらなどで混ぜ、だいたい混ざったら手でよく捏ねます。

    手で捏ねてよく混ざったら、トマトソースを作るまでそのまま放置しておきます。

    STEP5:油に香りをうつす

    フライパンにニンニク、鷹の爪、クミンシード、オリーブオイルを入れて火を点けます。

    火力は弱火で2分ほどかけ、香りが立ってくるまで温めます。

    STEP6:タマネギを炒める

    香りが立ち、ニンニクや鷹の爪から泡がシュワシュワと出てきたらタマネギを入れます。

    火力を強火にして1分ほど炒めます。

    STEP7:ニンジンを入れる

    1分ほど炒め、タマネギがしんなりしかけてきたらニンジンを入れます。

    火力を変えずにそのまま混ぜながら、40秒ぐらい炒めます。

    STEP8:トマトを入れる

    40秒ぐらい炒めたらトマトを入れます。

    火力は変えずに、そのまま1分ほどかき混ぜながら炒めます。

    STEP9:赤ワイン、水を入れる

    1分ぐらい炒めるとトマトから水分が出てきます。そこで赤ワイン、水を入れます。

    火力は強火のままでそのまま温めます。クレイジーソルト、ブラックペッパーを3〜4振りします。沸騰したら弱火にしてそのまま炊きます。

    炊いている間に、次に説明する行程(ニョッキの成形と湯がき)を行います。ニョッキを湯がいている間も炊き続けると写真のようになります。

    STEP10:ニョッキを成形する

    置いておいた生地を成形します。スプーンですくい、スプーンとフォークを利用して丸くしてから、フォークの背で潰します。

    手で成形した方が簡単かもしれません。筆者は写真を撮りながら作ったので手を汚したくなかったのでスプーンとフォークを利用しました。

    STEP11:ニョッキを湯がく

    大きな鍋に水と塩少々入れて火を点け、水を沸騰させます。沸騰したら、成形したニョッキをお湯に入れます。

    湯がけると沈んでいたニョッキが浮かんできます。

    ニョッキを成形する前にお湯を沸かし始めておくと、時間の短縮になります。

    STEP12:トマトソースと絡める

    浮いてきたニョッキをトマトソースに入れます。

    ざっと混ぜて全体が絡まったら出来上がりです。

    おわりに

    器に盛ったら完成です。今回はトマトソースを自作しましたが、時間がないときなどは市販のパスタソースを利用する・・・という手もあります。

    (Photo by 筆者)

    このライフレシピを書いた人