1. コミュニケーション
    2. 画面表示に従えば大丈夫!家庭用FAXの使用方法

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    画面表示に従えば大丈夫!家庭用FAXの使用方法

    メールがこれだけ盛んになっても、まだFAXが活躍できる場所は残っています。今回は著者が利用しているFAXについてご紹介します。

    著者が持っている家庭用FAXについて

    • メーカー:Panasonic
    • 価格:13100円
    • 購入時期:2012年1月
    • スペック:FAXを見てから印刷できる。SDカードにFAX内容を保存できる。

    家庭用FAXの使い方

    STEP1:ファックスで送る用紙をセットする

    昔は送信面を裏向けにして送るタイプのFAXが多かったですが、著者のもっているFAXは送信面を表向きにして送ります。ある程度まで用紙を差し込むと、あとはFAX機の方から原稿を引っ張ってくれます。

    STEP2:ファックスボタンを押す

    画面の表示にしたがって「ファックス」ボタンを押します。

    STEP3:番号を押し、最後にもう一度ファックスボタンを押す

    ここも画面表示にしたがって、送り先の電話番号を押し、最後にファックスボタンを押します。これで送信します。原稿が徐々に吸い込まれていきます。

    STEP4:原稿が下から出たら送信完了

    吸い込まれた原稿が、完全に下から出たら送信完了です。うまく届かないこともありますので、後で電話などで確認するといいでしょう。

    おわりに

    以上がファックスの送信方法です。最近はどの機種も画面表示などで手順を説明してくれるので機械オンチの方でも使いやすくなっています。まだまだ便利な機能ですので、きちんと使えるようにしておきましょう。

    (photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人