\ フォローしてね /

暗記しよう!国語・文法「終助詞」の押さえるべきポイント

この記事では、「終助詞」について押さえるべき基礎的なポイントについてご紹介します。

実力チェック問題

【問題】次の文の中から、「終助詞」をすべて抜き出しなさい。
(1) ドラえもんが言うので、ぼくも行くよ。
(2) いいとも。それがいいの?
(3) ドラえもんがさ、一緒に行くんだよ。

さて、自信を持って答えられましたか。

この記事を読めば、5分で「終助詞」がマスターできるようになります。一緒に学びましょう。

「終助詞」とは

「終助詞」とは、文の終わりや文節の終わりにについて、何らかの意味を添える「助詞」です。

同じく文章の終わりに付くものでも、活用できるものは「助動詞」になります。間違えないように気を付けましょう。

「終助詞」の見つけ方

STEP1:文章を文節に分ける

冒頭の問題の(1)の例文を使って説明します。

(1) ドラえもんが言うので、ぼくも行くよ。

終助詞を見つけるためには、まず文節に分けるとよいでしょう。

「ドラえもんが(ネ)/言うので(ネ)/ぼくも(ネ)/行くよ」

となります。

文章中に話し言葉のように「ネ」を入れて読んでみましょう。「ネ」入れて読んでも意味が変わらずに不自然ではないところで文節に区切ることができます。

STEP2:単語に分ける

さらに単語に分けます。

「ドラえもん/が/言う/ので/ぼく/も/行く/よ」

となります。

STEP3:助詞を見つける

この単語の中で「助詞」に注目します。

助詞は「付属語」なので、それだけで文節を作ることができないません。また、文節の上の位置にあるものではなく、文節の下の方にあるものです。

今回の例文の中で、文節の下の方にきているもの(それだけでは意味が通じないもの)は、「が」「ので」「も」「よ」の4つです。

慣れるまでは、それだけで意味の分かるものが「自立語」、それだけでは意味が分からないものが「付属語」とおさえておくとよいでしょう。

STEP4:文の終わりについている「助詞」を探す

「助詞」の中でも文の最後についている助詞が「終助詞」の可能性が高いです。4つの中で、文の最後についている助詞、つまり「」が「終助詞」です。

「終助詞」は約10種類

「終助詞」は、「よ」「の」「な(なあ)」「か」「わ」「とも」「ぞ」「さ」「や」「ね(ねえ)」の約10種類です。覚えてしまうと楽です。

「世の中は、友三(トモゾウ)さんやね。」で覚えましょう。

「終助詞」の意味

「終助詞」は、「感動」したり、「疑問」だったり、「念をおす」などの意味などがあります。

いちいち分類して覚えなくとも自然と分かると思いますが、代表的なものを例文とともに紹介しておきます。

1:感動

  • 今日はい天気だ「」。
  • この本はなかなかおもしろい「」。
  • この絵はすばらしい「」。

2:疑問

  • あなたはだれです「」。
  • なぜ君は行かない「」。

3:念をおす

  • やったのは、お前だ「」。
  • さあ、出かける「」。
  • そんなことをしては、いけない「」。

4:反語

  • こんなことがあって、いいのだろう「」。
「いや、あってはならない。」という反対の意味が含まれているのが「反語」です。
試験でよく問われるのは、反語です。

おわりに

では、最後に冒頭の問題の答え合わせをします。

【問題】次の文の中から、「終助詞」をすべて抜き出しなさい。
(1) ドラえもんが言うので、ぼくも行くよ。
(2) いいとも。それがいいの?
(3) ドラえもんがさ、一緒に行くんだよ。

(1)の文の中の「終助詞」は1つ。文末の「よ」です。(2)は「とも」と「の」の2つです。(3)は、「さ」と「よ」の2つでした。

「さ」のように、文の最後につくとは限らないのが、少々やっかいな点です。なので、終助詞を暗記してしまって、すぐに文章中から見分けられるようにしてしまいましょう。

あとは、自身の問題集で練習して、自信をつけていって下さい。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。