\ フォローしてね /

ラップの芯をキッチンペーパーホルダーとして使う方法

筆者は、ラップの芯は決して捨てません。今回は、ひと工夫加えてキッチンペーパーホルダーにする際のコツをご紹介します。

必要なもの

  • 使用後に残ったラップの芯 1本
  • ロープ付き洗濯バサミ 2個
  • キッチンペーパー
ロープ付きの洗濯バサミがない場合は、手芸用の紐10cmくらいのものを2本用意して、洗濯バサミにとおし、端を結わえても大丈夫です。

やり方

STEP1:洗濯バサミを取り付ける

キッチンペーパーをつけたい位置に洗濯バサミを取り付けます。キッチンにこのような形状の棚があれば使いやすいのですが、ない場合は、突っ張り棒などを利用してもよいです。

STEP2:取り付ける場所の高さを確認する

洗濯バサミに芯をはさむと、こんな感じになります。ここで高さを確認します。最初からプラスチックのロープが付いている洗濯バサミではなく、自分で紐を通したものであれば、紐の結び目を変えることで、高さの調節がしやすいです。

今回はできあいのロープ付き洗濯バサミを使用し、支障ないことを確認していますが、筆者が以前住んでいた場所ではそのようにしていました。

また、この洗濯バサミの先には、白いゴムがついています。洗濯ものをすべりにくくするための商品なのでこのようになっています。

ラップの芯もすべりにくいようですが、特にこのようなゴム付きのものでなく、普通の洗濯バサミでも十分です。

STEP3:ラップの芯にキッチンペーパーを通す

たったこれだけで出来上がりです。とても簡単です。

番外編:突っ張り棒を使う

今回、キッチンの細いバーが連なっている形状の棚に洗濯バサミを下げていますが、突っ張り棒を用いてそこに洗濯バサミのロープを通してもかまいません。使用する場所にあわせて応用してください。

この裏ワザの便利なポイント

キッチンペーパーのホルダーは、ステンレス製やプラスチック製のさまざまなデザインのものが売られているのを見ることもありますが、意外とかさばるし、場所を選ぶので邪魔になることも多いと思います。

これなら吊り下げる場所さえあれば、臨機応変に、簡単に取り付けることができるので、お勧めです。

おわりに

ラップの芯は堅くて丈夫ですので、筆者は必ずとっておいて、気が付いたときに色々な用途に使用しています。

もうひと工夫余地がありそうですが、そのままブーツにさしてブーツキーパーにしたり、着物の帯あげをくるくる巻きつけて保管するために使ったりしています。

ホームセンターで、同じような堅めの筒が販売されているのを見たこともあります。捨ててしまうのは、本当にもったいないですね。

(Photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。