\ フォローしてね /

女子旅に最適!湯布院の旅体験談

温泉がたくさんある九州・大分のなかでも、女性だけで行く「女子旅」におすすめの湯布院旅行をご紹介します。

筆者が体験した「湯布院」旅行の概要

旅行をしたのは、2013年2月です。筆者は鹿児島在住なので、鹿児島中央駅から新幹線で久留米まで行き、そこで「ゆふ3号」に乗り換えて由布院駅まで行きました。今回は家族と行きました。

訪れたエリアは、由布院駅から歩いてまわれる中心街です。今回は、「金鱗湖」や「シャガール美術館」などに行き、主に観光を楽しみました。

旅行記の詳細

金鱗湖

湯布院で最も賑やかなエリアにある金鱗湖は、駅からも歩いて行けます。
湖底の一部から温泉と水が涌くといわれる不思議な湖で、儒学者の毛利空桑(もうりくうそう)が、湖の魚の鱗が夕日に輝くのを見て「金鱗湖」と名付けたと伝えられています。

澄んだ湖面からは、白い湯気が立ち込め、なんとも幻想的な雰囲気です。

マルク・シャガール美術館

金鱗湖のすぐそばにあります。20世紀を代表する画家マルク・シャガールの作品を収蔵しており、2階の展示室では39点に及ぶ作品群(サーカス)を鑑賞できます。

癒しをテーマにした1階のカフェ、雑貨やオリジナルグッズを販売するミュージアムショップもぜひ立ち寄りたい場所のひとつ。金鱗湖を見ながら、テラス席でロールケーキを食べるもよし、お気に入りのオリジナルグッズを探すもよし、と過ごし方はさまざまに楽しめます。

中心地エリアの散策は、タクシー移動よりも徒歩をおすすめします。小さな路地に思わぬお店を発見したり、いろいろと歩いてみるのが楽しいと感じました。

「湯布院」エリア旅行の良かったところ、いまいちだったところ

良かったところ

思ったほど大きなお店や建物がなく、観光地ではあるものの素朴な感じがして、のんびり過ごせました。

ちょっとしたことですが、駅構内や付近に足湯スポットがあったり、荷物を預かってくれるサービスがあったりと、旅行者には嬉しいことも観光地ならではの気遣いだと思います。

いまいちだったところ

JRだと、旅行者が乗る列車は決まっているため、その時間の駅の混み方がすごかったです。

加えて、待合室が騒がしかったこと、駅構内にお茶やコーヒーを買える自動販売機がなく、構内のカフェもお休みでした。

「湯布院」エリアに旅行する方へのアドバイス

タイトルにも書きましたが、女性向けのかわいいお店が多く、歩きながら散策したり、写真を撮ったりと、女子旅に最適な街だと感じました。中心街の規模がそんなに大きくないのも、女性が歩いてまわれる大きなメリットだと思います。

今回紹介した場所以外にも、楽しめるスポットがたくさんあるので、ぜひガイドブックで予習をしっかりされてから行かれることをおすすめします。

おわりに

昼間は観光でしっかり歩いて、夜は温泉とおいしい食事でゆったりとした時間を過ごすという、とても充実した旅行になりました。これから行かれる方も、是非楽しんでいただけたらと思います。

(Photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。