\ フォローしてね /

基本の縫い方こそきれいに!なみ縫いの方法

このライフレシピのもくじたたむ

お裁縫をする時に、一番基本となるのはなみ縫いです。雑巾を作る時や、ミシンをかける前の仮縫いの時に活躍します。基本をおさえてきれいになみ縫いができるようになりましょう。

著者の裁縫歴

著者は小さい頃から裁縫が好きで、端切れで小物を作ることもしばしばでした。大人になってからは裁縫を教える仕事をしたこともあります。

なみ縫いのやり方

STEP1:糸を通す

針に糸を通し、玉止めをします。

丈夫に仕上げたい時は、糸を二本どりにしましょう(画像は二本どり)。

STEP2:布の裏から針を抜く

布の裏から針を抜き、最後まで引き抜きます。

STEP3:まっすぐ縫う

針を抜かずに3~4ミリ間隔でまっすぐ縫います。等間隔に縫うと縫い目がきれいです。

布を張った状態にしておくと縫い目がよれにくいです。

STEP4:針を抜く

針を引き抜きます。

この後は必要なだけSTEP3~4を繰り返しましょう。

STEP5:糸こきをする

糸こきとは、手縫いで縫い終わった時に布がよれないように指でしごくことをいいます。

玉止めをする前に縫い始めた方から縫い終わりの方向へ、指で縫った部分をこすり布のゆがみを解消します。

なみ縫いに限らず手縫いの時に糸こきをするときれいに仕上がります。

STEP6:玉止めをする

全体が縫い終わったら、布の裏で玉止めをします。

おわりに

なみ縫いは簡単に見えて、意外ときれいに仕上げるのは難しい縫い方です。でも、ちょっとしたことに気をつけるだけで、とてもきれいにできるようになります。ポイントを抑えてお裁縫を楽しみましょう。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。